至宝三鞭丸(小粒)の効能・用量・副作用など

至宝三鞭丸(小粒)の基本情報

至宝三鞭丸(小粒)

至宝三鞭丸(小粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 八ッ目製薬
販売会社 イスクラ産業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

至宝三鞭丸(小粒)の特徴

「至宝三鞭丸(小粒)」は、動物・植物・鉱物など有効成分として37種類の生薬が配合されており、これらの原料を粉末にし丸剤としたもので、滋養強壮、肉体疲労、虚弱体質の改善に効果があります。

至宝三鞭丸(小粒)の効能効果

滋養強壮、肉体疲労、虚弱体質

至宝三鞭丸(小粒)の用法用量

次の量を1日3回食間に水又は白湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):8丸:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
服用期間中は、なるべく冷たい飲食物はさけて下さい。

至宝三鞭丸(小粒)の成分分量

24丸中
ジオウ 286mg
クコシ 286mg
トシシ 215mg
ゴシツ 142mg
サンシュユ 142mg
サンヤク 142mg
ブクリョウ 142mg
トチュウ 142mg
ハゲキテン 142mg
ホコツシ 142mg
ロクジョウ 142mg
タクシャ 71mg
ニンジン 71mg
リュウコツ 71mg
インヨウカク 71mg
カイクベン 71mg
カイマ 71mg
コウクベン 71mg
ゴウカイ 71mg
ソウヒョウショウ 71mg
ジンコウ 71mg
ロクベン 71mg
ウイキョウ 35mg
オウギ 35mg
オウバク 35mg
オンジ 35mg
ケイヒ 35mg
サンショウ 35mg
シャクヤク 35mg
トウキ 35mg
ビャクジュツ 35mg
ボタンピ 35mg
カシュウ 35mg
カンショウ 35mg
ショウブコン 35mg
ニクジュヨウ 35mg
フクボンシ 35mg
(添加物)
トウモロコシデンプン、ハチミツ、カッセキ

至宝三鞭丸(小粒)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)感冒等により熱がある人
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気、食欲不振、胃部不快感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

至宝三鞭丸(小粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

至宝三鞭丸(小粒)が気になる人向けのコラム

サンオイルの使い方|UV対策に使える身近なオイルとは?

サンオイルのイメージから、油を肌に塗ると日に焼けてしまうと思ってしまいがちですが、美容に使われているオイルの中には紫外線対策に効果のあるものもあります。逆に、肌のダメージになってしまうオイルもあるため、夏の素肌にやさしいオイル選びのポイ... 続きを読む

マルチミネラル

狭義には「多くの」「複数の」ミネラルということですが、栄養学的にはビタミンと一括りで考えたほうが実際的です。
というのも、ミネラルはカロリー、つまりタンパク質・炭水化物(糖質)・脂質の三大栄養素が体内で十分に働くために、ビタミンと共に必... 続きを読む

動物園や水族館で心をリフレッシュ! 人気の動物園の秘密

みなさんは最近、動物園や水族館に行きましたか?
一昔前まで、「動物園や水族館は子どもが行くところ」と思っている人が多かったかもしれませんが、今はそんなことはありません。斬新なアイデアで、子どもはもちろん大人も楽しめる動物園や水族館が続々と... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

アロエ植物ステロール

「アレキサンダー大王が病気予防のために栽培していた」、「クレオパトラが美貌を維持するために液汁を体に塗っていた」など、古代から健康や美容に役立てられてきたアロエ。
便秘改善、火傷や傷の治療、保湿などの作用があるとされ、長い間、民間療法的... 続きを読む