鹿茸カプセルの効能・用量・副作用など

鹿茸カプセルの基本情報

鹿茸カプセル

鹿茸カプセル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

鹿茸カプセルの特徴

本品は、梅花鹿又は馬鹿のまだ角化していない袋角(鹿茸)の上台を粉末化し、服み易いカプセル剤としたものです。
虚弱体質の方、病中病後や肉体疲労時、胃腸虚弱や食欲が出ない方の滋養強壮にお服みいただくと効果があります。
服用の際は、多めの水又は白湯でお服みください。

鹿茸カプセルの効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

鹿茸カプセルの用法用量

次の量を食前又は食間に多めの水又は白湯で服用してください。
(食間とは、食後2?3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):2カプセル:3回
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

鹿茸カプセルの成分分量

本品1日量6カプセル中
鹿茸(ロクジョウ) 3000mg
(添加物)
ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム、酸化チタン

鹿茸カプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体力の充実している人
(4)熱のある人
2.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

鹿茸カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。