秦皇元(カプセル)の効能・用量・副作用など

秦皇元(カプセル)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 摩耶堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

秦皇元(カプセル)の特徴

秦皇元(カプセル)は、動物性、植物性の強壮生薬を配合した滋養強壮薬です。
各成分の作用により、滋養強壮剤として肉体疲労時に効果をあらわします。
●秦皇元(カプセル)に配合される強壮生薬
☆動物性強壮生薬
・蛤介(ゴウカイ)
オオヤモリの雌雄を一緒に用い、内臓を除去して乾燥したもので、体の疲れをとり、滋養をつけ、元気づける強壮の働きにすぐれています。
・海馬(カイバ)
タツノオトシゴの内臓を除去して乾燥させたもので、内分泌器官に働きかけ、ホルモン様作用を示します。この作用が、強壮に効果をあらわします。
・鹿茸(ロクジョウ)
マンシュウアカジカ等の袋角で、多くの滋養強壮成分を含みます。滋養強壮成分が体を補い、滋養強壮の働きにすぐれています。
・牛黄(ゴオウ)
牛の胆のう及び胆管結石で、特に心臓、神経、血管系に働きかけて全身の強壮作用をあらわす成分を含む動物性生薬です。
・反鼻(ハンピ)
一般にはマムシとして知られ、強壮剤として利用されます。アミノ酸群等の滋養強壮成分を含んでいます。
☆植物性強壮薬
・ニンジン
人参の成分と全身に働きかける強壮、抗疲労作用は広く研究され、汎用されている植物性強壮生薬です。
・インヨウカク
元気をつけ、体を補って疲れをとる薬草として利用されています。

秦皇元(カプセル)の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

秦皇元(カプセル)の用法用量

次の量を、食後に、水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:2回
15歳未満:服用しないこと
■服用時間を守りましょう。
食後:食事のあと30分位を指します。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセル剤の取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

秦皇元(カプセル)の成分分量

4カプセル中
ゴウカイ末 100mg
カイバ末 100mg
ロクジョウ末 100mg
ゴオウ末 15mg
ハンピ末 300mg
ニンジン末 200mg
カシュウ末 200mg
インヨウカクエキス 200mg (インヨウカク1.25g)
タウリン 120mg
(添加物)
カルメロースカルシウム、無水ケイ酸、セルロース、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム、酸化チタン

秦皇元(カプセル)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)次の診断を受けた人
高血圧
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感、腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。。
口のかわき、軟便、下痢
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

秦皇元(カプセル)の保管上の注意

■ビン入り品、PTP品について
(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(3)一度開封した後は、品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
■ビン入り品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また、本剤をぬれた手で扱わないでください。
(3)ビンの中の詰め物は、輸送中にカプセル剤が破損するのを防ぐためのものです。
開封後は不要となりますので取り除いてください。
(4)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。
■PTP品について
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)PTPシートを切り離すときは、変質の原因となりますので、服用しない本剤の裏面のアルミ箔に傷をつけないようにしてください。また,切り離したPTPシートの角で、手指などを傷つけないようご注意ください。
(3)箱の「開封年月日」記入欄に、開封した日付を記入してください。

秦皇元(カプセル)に効果効能が似た薬

秦皇元(カプセル)が気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

うつ病になる女性は男性の2倍-女性の一生につきまとうホルモンの変動

うつ病は、誰もがかかりうることから「心の風邪」と呼ばれていますが、うつ病の患者は男性より女性の方が多いといわれていることをご存知ですか?
男性の自殺の頻度は女性の約2倍といわれていますが、WHO(世界保健機関)の報告によると、世界十数カ... 続きを読む

海外生活が心身にあたえる影響とは? 意外と多い海外で心の病になる人

駐在員や留学生として、海外に出て行く日本人は年々増えています。 現地での新しい生活を想像しながら、いろんな期待に胸を膨らませて出発することでしょう。海外旅行などの数週間・数ヶ月の滞在であれば、現地の文化に触れて、新しい体験を得てすばらしい思... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む