人参牛黄散カプセルの効能・用量・副作用など

人参牛黄散カプセルの基本情報

人参牛黄散カプセル

人参牛黄散カプセル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

人参牛黄散カプセルの特徴

本剤は、植物性滋養強壮薬の人参(ニンジン)と動物性滋養強壮薬の牛黄(ゴオウ)を配合した滋養強壮剤です。

人参牛黄散カプセルの効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質・肉体疲労・病中病後・胃腸虚弱・食欲不振・血色不良・冷え症・発育期

人参牛黄散カプセルの用法用量

大人(15才以上) 1回2カプセル
15才未満8才以上 1回1カプセル
1日2回、水又は温湯で服用してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)8才未満の小児には服用させないでください。

人参牛黄散カプセルの成分分量

本品4カプセル中
ニンジン末 600mg
ゴオウ末 90mg
(添加物)
ステアリン酸Mg、軽質無水ケイ酸、トウモロコシデンプン、ゼラチン、ラウリル硫酸Na

人参牛黄散カプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:吐き気、嘔吐
皮膚:発疹
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
3.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

人参牛黄散カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は生薬製剤ですので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)ビンの中の詰め物は、輸送中にカプセル剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。

人参牛黄散カプセルが気になる人向けのコラム

ニンジン寒天ダイエットとは

ニンジン寒天
ニンジン寒天ダイエットとは、ニンジン寒天を食べるダイエットです。寒天の食物繊維とニンジンのβカロチンが組み合わさることで、ダイエットの効果がさらにアップすると考えられています。寒天はその8割が食物繊維なので、整腸作用があり... 続きを読む

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む

アロマオイルで風邪・インフルエンザを予防しよう-アロマの使い方

いにしえから伝わる薬草(ハーブ)の知恵には、驚かされるものがいくつもあります。ハーブから抽出したエキス(精油:エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐことで、さまざまな作用が得られます。
たとえば、ローズマリーは心を陽気にするハーブといわれ、... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む