人參牛黄カプセルの効能・用量・副作用など

人參牛黄カプセルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 カプセル剤
製造販売会社 薬研開発
販売会社 湧永製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

人參牛黄カプセルの特徴

「心身ともにいつも健やかでありたい」それは私たち共通の願いですが,年齢に伴う体力の低下や,何かと忙しい現代社会では,過労・睡眠不足などの積み重ねにより心身の不調に陥りやすくなっています。
人参牛黄カプセルは,このようなときの滋養強壮に優れた効果を発揮するニンジンとゴオウを配合した飲みやすいカプセル剤です。日頃の健康保持にお役立てください。

人參牛黄カプセルの効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

人參牛黄カプセルの用法用量

次の1回量を食間に水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):2カプセル:2回
15才未満:服用させないでください
食間とは,「食事と食事の間」という意味です。食事のあと2時間ぐらいたったところで服用してください。
(用法関連注意)

人參牛黄カプセルの成分分量

4カプセル中
ニンジン末 600mg
ゴオウ末 100mg
(添加物)
ケイ酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン

人參牛黄カプセルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

人參牛黄カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

人參牛黄カプセルが気になる人向けのコラム

何気ない動作で起こる「ぎっくり腰」!対処法と予防のためのストレッチ

ふと立ち上がった拍子に腰に激痛が!
息が止まるような痛みに襲われて、思わずしゃがみこんでしまう。少し体を動かしただけでも痛いので、動けない……こんな体験をした人はありますか?
これは、西洋では「魔女のひと突き」と呼ばれるぎっくり腰の症状で... 続きを読む

その眼の疲れと痛みはVDT症候群かも? 腰痛や心の不調も

私たちの日常生活に、もはやパソコンは欠かせない存在となりました。しかし、同じ姿勢で集中し続けるパソコン作業は疲れがたまりやすく、心身にさまざまな症状を引き起こす「VDT症候群」が問題となっています。
VDTとは、Visual Disp... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

お年寄りが元気でいられるためのチェックリスト-生活不活発病とは

「生活不活発病」は、体を動かさない状態が続くことで心身の機能が低下していくもの。特に高齢者や持病のある人に起こりやすく、一旦起こると治りにくく寝たきりの原因にもなるため、本人だけでなく、周りの人が十分気をつける必要があります。
生活不... 続きを読む