双参の効能・用量・副作用など

双参の基本情報

双参

双参

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

双参の特徴

双参は、古来より滋養強壮に用いられた人参と新たに人参と類似の薬効を有するといわれている刺五加の各々のエキスを配合したものです。
特に刺五加は中国、ロシアで主に研究され、スポーツマンの体力増強や持久力向上のために用いられ、日本ではエゾウコギと言われております。双参に用いられている二つの生薬はいずれも冷え症、血行不良、食欲不振等の滋養強壮にすぐれた効果を発揮します。

双参の効能効果

次の場合の滋養強壮:
冷え症、血色不良、食欲不振、胃腸虚弱、虚弱体質、肉体疲労、病中病後

双参の用法用量

次の量を水又はお湯にて服用してください。
年令 1回量 1日服用回数
成人(15才以上) 1包 2回
7才以上15才未満 2/3包 2回
4才以上7才未満 1/2包 2回
2才以上4才未満 1/3包 2回
2才未満 服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

双参の成分分量

2包(6g)中
シゴカエキス 300mg (刺五加3g)
ニンジンエキス 364mg (人参4g)
(添加物)
トウモロコシデンプン,D-マンニトール,乳糖水和物

双参の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
3.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

双参の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本剤は吸湿しやすいので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと本剤が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

双参が気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット11 体力と筋力UPが同時に叶う

BM(ボディメンテナンス)ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。これまで11回にわたり、運動習慣がない人にも、忙しい人にも無理なく5分でできるエクササイズを紹介してきました... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

冷え性に効く! 体を温める食べ物‐不妊症や妊活中の人におすすめな理由

体は毎日の食事から作られます。そのため、食べもので不妊を改善していくことも可能。積極的に摂りたい食材をご紹介します。 陽性の食材を摂り、体を中から温める 栄養素をバランス良く取り、体の調子を整えるのが不妊改善の近道。不妊症で悩む人のほ... 続きを読む

インナーマッスルがダイエットにいい理由は?

インナーマッスル
インナーマッスルという言葉を最近よく耳にしますが、これを鍛える事で、運動になるので脂肪が燃え、ダイエットになるのは本当なのでしょうか。
インナーマッスルを鍛えると、筋肉がつきますが、インナーマッスルは軽いので、無駄な... 続きを読む