太上安宮丸の効能・用量・副作用など

太上安宮丸の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 八ッ目製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

太上安宮丸の特徴

本剤の処方は中国宋時代に編纂された《太平恵民和剤局方》に記載されている「牛黄清心圓」の処方に基づくものです。虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振の場合の滋養強壮に効果があります。

太上安宮丸の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質・肉体疲労・病中病後・胃腸虚弱・食欲不振

太上安宮丸の用法用量

次の量を1日2回空腹時に小さく切って服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1丸:2回
8?14才:1/2丸:2回
8才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
2.丸剤の取り出し方
(1)中央の分割線を親指と人差し指で押さえ外装のロウ引き容器を割る。
(2)ロウ引き容器の中から丸薬を取り出す。
(3)丸薬を包んでいるセロハン紙を取り除く。
(4)丸薬を金箔のまま用法用量に従い飲みやすい大きさに小さく切って服用する。
(注意:本剤の白色容器はポリエチレンの上にロウ引きしたものでできています。誤ってそのまま服用すると大変危険です。)

太上安宮丸の成分分量

1丸中
ゴオウ末 240mg
ケイヒ末 240mg
レイヨウカク末 270mg
ニンジン末 300mg
カンゾウ末 300mg
シャクヤク末 300mg
トウキ末 180mg
センキュウ末 180mg
ボウフウ末 180mg
(添加物)
トウモロコシデンプン,ハチミツ,キンパク

太上安宮丸の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギーを起こしたことがある人
(4)身体が冷える傾向で,下痢しやすい人
(5)感冒などの急性の疾患時
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
下痢
4. 1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

太上安宮丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

太上安宮丸が気になる人向けのコラム

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む

肝臓水解物

スーパーにあるとても身近な食材から作られている成分です。原料は牛や豚の肝臓、つまりレバー。新鮮なレバーを加水分解酵素で分解し、エキスにしたのが肝臓水解物です。
これが今、女性の美と健康に効く成分として注目されています。 「もともとレバーに... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む