長岡のコウジン末の効能・用量・副作用など

長岡のコウジン末の特徴

薬用人蔘は古来より広く用いられており,皆様方によく知られている代表的な生薬です。
この薬用人参は,先進国の間でもその薬効が再認識されわが国を始め,欧米,中国,ロシアなどで科学的な研究が進められてそのすぐれた効果が認められております。
当社では,この薬用人参を明治初期より取扱い,新時代に即応した人蔘製品の開発に努めて参りました。
「長岡のコウジン末」は,虚弱体質,肉体疲労,胃腸虚弱,冷え性などの場合の滋養強壮にすぐれた効き目があり,大変のみやすい製品です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤 
製造会社 長岡実業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  



長岡のコウジン末の効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病後の体力低下,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え性

長岡のコウジン末の用法・用量

大人1日2〜3gを2〜3回に分けて服用します。
(なお,添付のスプーンは,約1g入ります。)
(用法関連注意)

長岡のコウジン末の成分・分量

日本薬局方 コウジンの粉末
コウジン末
(添加物)

長岡のコウジン末の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたこととがある人
2.次の場合は直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹,発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,下痢,便秘
(2)しばらく服用しても症状の改善がみられない場合
3.長期連用する場合は,医師又は薬剤師に相談してください。

長岡のコウジン末の保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.直射日光を避け,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
3.誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れ替えないでください。
4.使用期限の過ぎた製品は,服用しないでください。