長岡の人蔘エキスの効能・用量・副作用など

長岡の人蔘エキスの特徴

この度は「長岡の人蔘エキス」をご購入頂き有難う御座います。
「長岡の人蔘エキス」は昭和37年(1962年)より局方ニンジンを原料としエキス抽出製造・販売を長きに渡り行なって来ました。今後もこのスタイルを変えず,純粋なエキスを皆様にご提供していきますので,どうぞ宜しくお願い致します。
人蔘は古来より多くの病気治療に用いられ,近年一部は健康食品として販売され親しみの有る製品と成り,また薬用人蔘として多くの薬効が学会等で紹介されてはいますが,人蔘の薬効を記した文献で最も古くから伝わる書籍として「神農本草経」がありその中で,薬物を上・中・下の三品に分け人蔘は上薬に分類され,人体に与える影響がもっとも少ないと言われており,いま尚アジアを中心に世界各国で人蔘の研究が続けられております。
(神農本草経参照)
「人蔘は五臓を補い,精神を安じ,魂魄を定め,驚悸を止め,邪気を除き,目を明らかにし,心を開き智を益す」と記載されております。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬主薬製剤
形状 塊片・練薬・板チョコ状・エキス・軟エキス 
製造会社 長岡実業
販売会社
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし
同じ分類の薬 JPS桔梗石膏エキス錠N   アスゲン長城冠丹元顆粒   アンチスタックス   イスクラ参馬補腎丸   イスクラ麦味参顆粒  



長岡の人蔘エキスの効能・効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病後の体力低下,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

長岡の人蔘エキスの用法・用量

大人1日1〜2gを2〜3回に分けて服用して下さい。(尚,添付のスプーンは約1g入ります。)
紅茶茶碗に1回分「エキス」を取り,お湯を注ぎお茶のようにして毎朝1回あるいは朝夕2回お飲みください。そのまま,若しくはオブラート等に包んで服用されても結構です。
(用法関連注意)

長岡の人蔘エキスの成分・分量

30g、60g
日局ニンジン浸出エキス 1g (日局ニンジン2.5g)
(添加物)
なし

長岡の人蔘エキスの使用上の注意と副作用

その他の注意
●服用に際しては添付文書をよく読むこと。
●服用中または服用後は,次のことに注意すること。
(1)本剤の服用により,胃部不快感,下痢,便秘,発疹・発赤等の症状があらわれた場合には,服用を中止し,医師または薬剤師に相談すること。
(2)本剤をしばらく服用しても症状の改善がみられない場合には,服用を中止すること。

長岡の人蔘エキスの保管上の注意

●小児の手の届かない所に保管すること。
●直射日光を避け涼しい所に密栓して保管すること。
●他の容器に入れ替えないこと。
(事故の原因になったり,品質保持の観点からも好ましくありません。)