桃仙境の効能・用量・副作用など

桃仙境の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 液剤
製造販売会社 日野薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

桃仙境の特徴

桃仙境は,古来より中国及び日本で滋養強壮薬として評価の高い人参(オタネニンジン),強壮薬として広く用いられている淫羊かく(イカリ草),ナルコユリの根茎で強壮薬として特に病後の虚弱などに用いられてきた黄精,南米産ムクロジ科の植物の種子で,原住民の間では強壮薬として用いられているガラナに,更に,牛黄,肉じゅ蓉,五味子の3種類の生薬を配合した,血色不良や冷え症にもよく効く滋養強壮薬です。

桃仙境の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

桃仙境の用法用量

成人(15歳以上)1回1瓶(30mL)を1日1回服用してください。
(用法関連注意)
※定められた用法・用量をお守りください。

桃仙境の成分分量

1瓶(30mL)中
インヨウカク軟エキス 100mg
(淫羊かく1000mg)
ゴオウチンキ 0.4mL
(牛黄4mg)
ニンジン乾燥エキス 201mg
(人参3000mg)
オウセイ流エキス 1mL
(黄精1000mg)
ニクジュヨウ流エキス 0.5mL
(肉じゅ蓉500mg)
ゴミシ流エキス 0.2mL
(五味子200mg)
ガラナ軟エキス 187.5mg
(ガラナ1500mg)
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,ハチミツ,パラベン,安息香酸ナトリウム,アルギン酸プロピレングリコールエステル,エタノール,香料,プロピレングリコール,l-メントール,アルコール1.0mL以下

桃仙境の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の場合は,直ちに服用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師に相談してください。
  服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
2.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談してください。

桃仙境が気になる人向けのコラム

アロマオイルで風邪・インフルエンザを予防しよう-アロマの使い方

いにしえから伝わる薬草(ハーブ)の知恵には、驚かされるものがいくつもあります。ハーブから抽出したエキス(精油:エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐことで、さまざまな作用が得られます。
たとえば、ローズマリーは心を陽気にするハーブといわれ、... 続きを読む

甘草グラブラポリフェノール

ヨーロッパでは「リコリス」として4 千年以上も昔からなじみのあるマメ科の植物、「甘草グラブラ種」。お菓子やお酒にもよく使われており、その根茎に多く含まれている成分を抽出したのが「甘草グラブラポリフェノール」です。最近、ダイエット系サプリの... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

2016年はこれが来る!【スーパーフード】流行予測

ココナッツオイルやチアシードのブレイクで、すっかり定着した「スーパーフード」。次から次へと新しいスーパーフードが出るけれど、スーパーフードとそうでないものの違いは何?
誰が決めているの?
そして、なぜカタカナのものが多いのでしょうか。 栄... 続きを読む

韓国で見た『韓方(ハンバン)』の世界~韓国の伝統茶&韓方茶

日本には緑茶、イギリスには紅茶、中国には中国茶といったように、世界にはさまざまな伝統茶があります。今は緑茶も紅茶も中国茶も、世界中で飲むことができるグローバルな世の中。でも、その国ならではの伝統の味やお茶の歴史というものが存在します。皆さん... 続きを読む