薬用養命酒の効能・用量・副作用など

薬用養命酒の特徴

薬用養命酒は14種類の生薬が溶け込む滋養強壮の薬酒です。補う,温める,巡らせるといった生薬の作用で,からだが健康を保つために本来的にもっている働きを整え,症状をじっくりと改善します。服用していくと,疲労を和らげる…胃腸の働きを整える…冷え症を改善するといった効きめをあらわし,からだを健康な状態へと導くのが特徴です。

薬用養命酒

薬用養命酒

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 薬用酒
形状 液剤 
製造会社 養命酒製造
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 ツムラの薬養酒   ブドウ酒   黄帝酒   順徳酒  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



薬用養命酒の効能・効果

次の場合の滋養強壮:胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症,肉体疲労,虚弱体質,病中病後

薬用養命酒の用法・用量

成人:1回20mL,1日3回,食前又は就寝前に服用してください。
(用法関連注意)
用法及び用量を厳守してください。添付の計量容器の上の線が20mLです。
計量容器はご使用のつど,水洗いなどして常に清潔に保管してください。

薬用養命酒の成分・分量

60mL中
冷浸法チンキ (インヨウカク114mg,ウコン36mg,ケイヒ270mg,コウカ12mg,ジオウ・シャクヤク・ニンジン各60mg,チョウジ24mg,トチュウ18mg,ニクジュヨウ・ヤクモソウ各48mg,ボウフウ96mg,ウショウ594mg,ハンピ12mg)
(添加物)
みりん,アルコール,液状ブドウ糖,カラメル,アルコール分14%

薬用養命酒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください。
手術や出産直後などで出血中の人(血行を促進するため)
2.乗物又は機械類の運転操作を行う場合は服用しないでください。
(アルコールを含有するため)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)アルコールに過敏な人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.一定の期間服用しても症状の改善が見られない場合は,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

薬用養命酒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
(5)一度開封した後は,品質保持の点から,数ヵ月以内に服用してください。
(6)本剤には,特有の香味があって虫などが入りやすいので,服用後はできるだけ早くキャップをしてください。
(7)湿度などの関係でびんの口やキャップに成分が乾燥固着することがあります。その場合には清潔なガーゼなどで軽くふきとってご使用ください。
(8)服用時の気温や液温などにより,多少香味が違うように感じられることがありますが,品質には変わりありません。