ネオレバルミン錠の効能・用量・副作用など

ネオレバルミン錠の特徴

肝臓は強い再生能力と代謝能力をもつ人体最大の臓器であり,生体中のビタミン,ホルモン,アミノ酸などの濃度を制御し(代謝機能),胆汁酸や胆汁色素を胆汁として排泄し,腸管からの栄養物の吸収を助け(排泄機能),有害物質を無毒化するなど数多くの機能をもっています。そのうえ,再生能力が強いため,少しくらい悪くなってもなかなか自覚症状が現れません。したがって,常に自分の肝臓に気をくばる必要があります。
ネオレバルミン錠は,生薬の川柳末(かわやなぎまつ)を主体に,6種の成分を配合した肝臓疾患薬です。

ネオレバルミン錠

ネオレバルミン錠

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤 
製造会社 原沢製薬工業
販売会社 オールジャパンドラッグ, 大木製薬, ニッド, コスモス薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ネオレバルミン錠の効能・効果

肝臓疾患

ネオレバルミン錠の用法・用量

次の量を1日3回,食間に服用して下さい。(水又はぬるま湯と一緒に服用して下さい)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を守って下さい。

ネオレバルミン錠の成分・分量

12錠(3700mg)中
川柳末 2800mg
グルクロノラクトン 300mg
乾燥酵母 300mg
パントテン酸カルシウム 100mg
タウリン 50mg
ルチン 50mg
(添加物)
バレイショデンプン

ネオレバルミン錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
2.1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ネオレバルミン錠の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり,品質が変わります)。
4.本剤は,生薬を用いた製剤ですから,製品により色が多少異なることがありますが,効果に変わりはありません。
5.使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。