いけだや實母散の効能・用量・副作用など

いけだや實母散の特徴

いけだや實母散は,漢方処方「当帰芍薬散」を基本とし,これにボタンピ,コウブシ,コウカ,ケイヒを加えた生薬製剤で,婦人薬として使用され,女性特有の生理機能から生ずる手足のしびれ,冷え症,血色不良,頭痛,月経痛,月経不順に効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 延寿堂
販売会社 池田屋安兵衛商店
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル   エッキ錠  



いけだや實母散の効能・効果

肩こり,月経痛,月経不順,頭痛,手足のしびれ,のぼせ,冷え症,ヒステリー,血色不良,便秘,めまい

いけだや實母散の用法・用量

次の量を,400mLの水をもって煮て200mLに煮つめ,袋を取り去り,煎液を食前空腹時3回に分割服用する。
[年齢:1日服用回数]
大人(15歳以上):3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

いけだや實母散の成分・分量

1包(12g)中
カンゾウ 0.8g
ケイヒ 0.5g
コウカ 0.4g
コウブシ 1.2g
シャクヤク 1.5g
センキュウ 1.5g
チョウジ 0.2g
トウキ 1.5g
ビャクジュツ 1g
ビンロウジ 0.5g
ブクリョウ 0.5g
ボタンピ 1g
モクツウ 1g
モッコウ 0.4g
(添加物)
なし

いけだや實母散の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振

いけだや實母散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質がかわる。)