うすきね血の道振薬の効能・用量・副作用など

うすきね血の道振薬の特徴

うすきね血の道振薬

うすきね血の道振薬

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 うすき製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 --
同じ分類の薬 いけだや實母散   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル   エッキ錠  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



うすきね血の道振薬の効能・効果

体質がやや虚弱な婦人の諸症,ヒステリー,産前産後,月経不順,つわり,頭痛,のぼせ,めまい,耳鳴り,浮腫,手足の引きつり痛み,冷え症

うすきね血の道振薬の用法・用量

1袋に水又は温湯720mL(約4合)を加え、540mL(約3合)にせんじつめて、その液を毎食間と就寝前の4回に分けて服用
(用法関連注意)

うすきね血の道振薬の成分・分量

1袋(11.5g)中
カンゾウ 0.5g
ケイヒ 0.5g
ビンロウジ 0.5g
オウレン 0.3g
トウニン 0.3g
モッコウ 0.3g
シャクヤク 1g
センキュウ 1g
コウブシ 1g
サンシシ 1g
ソウジュツ 1g
ジオウ 0.6g
ブクリョウ 0.6g
ボタンピ 0.8g
トウキ 1.2g
オウゴン 0.7g
チョウジ 0.2g
(添加物)
なし

うすきね血の道振薬の使用上の注意と副作用

うすきね血の道振薬の保管上の注意