ジツボンSの効能・用量・副作用など

ジツボンSの特徴

ジツボンSは,生薬を配合した和漢薬で,生薬の成分がそのまま生かされており,女性特有の諸症状に効果があるよう処方されております。
症状が多岐でデリケートな女性に関連の深い諸症状には,頭痛,のぼせ,肩こり,めまいなどがありますが,特に生理時や更年期に重なって起こることの多い不快な諸症状にすぐれた効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 錠剤 
製造会社 キタニ
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 いけだや實母散   うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル  



ジツボンSの効能・効果

更年期障害,血の道症,月経不順,冷え症及びそれらに随伴する次の諸症状:月経痛,腰痛,のぼせ,肩こり,めまい,動悸,息切れ,手足のしびれ,こしけ,血色不良,便秘,むくみ
(効能関連注意)
「血の道症」とは,月経,妊娠,出産,産後,更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安や,いらだちなどの精神神経症状及び身体症状のことです。

ジツボンSの用法・用量

成人(15才以上)1回4錠 1日3回食前又は食間に服用する。
(用法関連注意)
※錠剤の取り出しかた
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)

ジツボンSの成分・分量

12錠中
トウキ末 420mg
センキュウ末 420mg
ケイヒ末 180mg
オウゴン末 96mg
ソウジュツ末 96mg
チョウジ末 96mg
オウレン末 30mg
カンゾウ末 34.8mg
シャクヤク末 300mg
ブクリョウ末 49.2mg
チクセツニンジン末 18mg
(添加物)
乳糖,バレイショデンプン,リン酸水素カルシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,タルク,白糖,沈降炭酸カルシウム,ゼラチン,アラビアゴム末,精製セラック,グリセリン脂肪酸エステル,酸化チタン,カルナウバロウ,パラフィン,白色セラック

ジツボンSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,食欲不振
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合。

ジツボンSの保管上の注意