ジンホルの効能・用量・副作用など

ジンホルの特徴

いつまでも,若々しく,美しく,健康でありたいと願うのは女性の切実な望みです。ストレスの多い現代社会にあって,女性のあいだにもストレスで疲れる方が多く,そのためいろいろな病気にかかり易くなっています。
また,女性には男性と違って女性だけの健康があり,生理が順調でなければ女性として本当の健康体とは申せません。
ジンホルは,強壮強精剤として名高いニンジン(朝鮮人参),鎮静剤及び通経薬として用いる「サフラン」,古くから血の道婦人薬(血の道症候群,月経異常,下腹痛及び腰痛,頭痛,めまい)として賞用されているトウキ,シャクヤク等の生薬を配合してできた香り高い粉末薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 散剤 
製造会社 金陽製薬
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 いけだや實母散   うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル  



ジンホルの効能・効果

頭痛,めまい,のぼせ,手足のしびれ,冷え症,肩のこり,月経不順,ヒステリー

ジンホルの用法・用量

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
大人(15才以上)1回1包1日3回食後に服用すること。
(用法関連注意)
・用法及び用量を厳守すること。

ジンホルの成分・分量

3包(3.9g)中
ニンジン末 75mg
サフラン 4mg
トウキ末 300mg
シャクヤク末 300mg
ボタンピ末 300mg
センキュウ末 656mg
ブクリョウ末 300mg
ケイヒ末 300mg
カンゾウ末 75mg
無水カフェイン 150mg
(添加物)
炭酸カルシウム,乳糖,トウモロコシデンプン,無水ケイ酸,香料

ジンホルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)授乳中の人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ジンホルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないこと。