ラムールQの効能・用量・副作用など

ラムールQの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 錠剤
製造販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ラムールQの特徴

『ラムールQ』は,女性特有の諸症状に用いられている中将湯処方に鎮痛効果のあるエンゴサクや鎮静効果のあるカノコソウを配合して抽出したエキスに,センナエキス,8種のビタミンを配合して製したフィルムコート錠です。
「更年期障害」や「冷え症」に伴う「疲労感」,「肩こり」,「イライラ」,「頭痛」,「頭重」等の不快な症状を改善します。

ラムールQの効能効果

更年期障害,血の道症,月経不順,冷え症及びそれらに随伴する次の諸症:月経痛,腰痛,頭痛,頭重,のぼせ,肩こり,耳鳴り,めまい,動悸,息切れ,不眠,ヒステリー,疲労感,血色不良

ラムールQの用法用量

次の量を,空腹時または就寝時に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

ラムールQの成分分量

4錠中
混合生薬乾燥エキス 500mg (エンゴサク0.91g,カノコソウ・シャクヤク・トウキ各0.61g,ケイヒ0.43g,センキュウ・ボタンピ各0.3g,ブクリョウ0.24g,ソウジュツ0.18g,ジオウ・チンピ各0.15g,カンゾウ・コウブシ・トウニン各0.12g,オウレン0.06g,ショウキョウ・チョウジ・ニンジン各0.03g)
センナエキス 25mg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 10mg
ニコチン酸アミド 10mg
パントテン酸カルシウム 10mg
葉酸 5mg
チアミン硝化物 5mg
ピリドキシン塩酸塩 1mg
リボフラビン 1mg
シアノコバラミン 10μg
(添加物)
軽質無水ケイ酸,結晶セルロース,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,デキストリン,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール6000,黄色三二酸化鉄,三二酸化鉄

ラムールQの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
4.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
軟便,下痢。

ラムールQの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.本剤をぬれた手で扱わないでください。ぬれた手で扱うと,フィルムにムラができたり,変色することがあります。
4.ビンの中の乾燥脱臭剤は服用しないでください。
5.ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損することを防止するために入れてありますので,キャップを開けた後はすててください。ただし,乾燥脱臭剤はビンに入れた状態で保管してください。
6.ビンのキャップのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤が変質することがありますので,服用のつどキャップをよくしめてください。
7.誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
8.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ラムールQに効果効能が似た薬

ラムールQが気になる人向けのコラム

肺も老化する? 咳が止まらない・息切れする人は要注意! 6つのチェック診断

運動不足を解消するために階段を使ってみたら、なんだか息がゼイゼイ……。普段、呼吸する時は意識していませんが、呼吸を行っているのは「肺」。そして、肺もお肌のように、年齢とともに老化すること、知っていましたか? 風邪と診断されたのに「肺が... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

季節の変わり目に体調が悪くなるのは自律神経が原因? 解消する食事法

自律神経とは体の機能を自動的にコントロールする神経です。この自律神経の状態が四季によって変化し体調を崩すことがあります。季節ごとに自律神経に合わせた食事を摂り、体を整え美しくなる方法をご紹介します。 四季による体調変化には自律神経が関... 続きを読む

なぜ【インフルエンザ】には何度もかかるの?

はしかや水ぼうそうに二度かからないのはリンパ球の記憶のおかげ 子どもの頃にはしかや水ぼうそうにかかった人は、通常大人になってからかかることはありません。一方で、インフルエンザは、同じシーズンに何度もかかることもあります。その違いはどこ... 続きを読む

砂糖の摂りすぎが健康を害する、砂糖依存に注意! 5つの脱砂糖テク

甘くて美味しい砂糖が実は、とても依存性が高いと言われていることをご存知ですか? 砂糖依存になるとどんな影響が体にあるのか、また砂糖依存になる人が多いアメリカで開発された、無理なく砂糖から卒業できる5つの方法をご紹介します! 砂糖は快楽... 続きを読む