亀や婦人薬の効能・用量・副作用など

亀や婦人薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 その他
製造販売会社 福岡薬工社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

亀や婦人薬の特徴

「亀や婦人薬」は古くから漢方薬の原料としても用いられております和漢の生薬を配合した薬で俗に「血の道の薬」といわれております。

亀や婦人薬の効能効果

血の道,頭痛,月経不順,月経前後の下腹疼痛,産前産後,肩のこり,下腹腰足の痛み,冷え込み,のぼせ,耳鳴り,めまい,むくみ,神経衰弱,ヒステリー,ひきかぜ,子宮病,子宮出血

亀や婦人薬の用法用量

大人(15歳以上)1日1袋を使用し,朝夕就寝前の3回服用する。
はじめの2回は,1袋に約180mL(1合)の熱湯を加えてよく振り出し,朝夕食前に服用する。3回目は,朝夕に使用した残りの袋に,水約270mL(1合5勺)を加え約180mLに煮詰め,就寝前に服用する。15歳以下7歳までは大人の半量宛服用する。
(用法関連注意)
○服用上の注意
1.振り出し又は煎じた後,容器の底に粉末があってもそのまま服用して差し支えありません。
2.振り出し後,薬の液の色が少し薄い場合でも,成分,効能には変化ありません。

亀や婦人薬の成分分量

1袋(10g)中
センキュウ 1g
トウキ 1g
シャクヤク 1g
ブクリョウ 1g
ソウジュツ 1g
ケイヒ 1g
ボタンピ 1g
モッコウ 1g
センコツ 0.95g
カンゾウ 0.5g
ダイオウ 0.5g
コウカ 0.05g
(添加物)
なし

亀や婦人薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤・かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

亀や婦人薬の保管上の注意

1.直射日光を避け,なるべく湿気のない涼しい所に保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.誤用を避け,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないこと。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。

亀や婦人薬に効果効能が似た薬

亀や婦人薬が気になる人向けのコラム

女性の下腹部の痛みは注意が必要‐考えられる7つの原因と対処法

女性にとって、子宮がある下腹部の痛みは慎重に対処したいもの。下腹部に痛みがある場合に考えられる病気についてご紹介します。 腹痛の種類と痛みの強さに注目を 生理痛や排卵痛で下腹部の痛みを感じたことがある女性は多いもの。ただ、いつもの痛みと... 続きを読む

【下腹部が痛い】女性はまず婦人科へ-主な6つの病気とその症状

下腹部には大腸や小腸、膀胱、女性の場合は子宮、卵巣と、たくさんの臓器が詰まっています。下腹部の痛みを引き起こす病気は、婦人科系、消化器系、腎臓系、泌尿器科系などですが、たとえ同じ病気でも人によって、痛み方や痛む時間、痛む位置などがさまざ... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。
子宮筋腫は、女性ホルモ... 続きを読む