亀や婦人薬の効能・用量・副作用など

亀や婦人薬の特徴

「亀や婦人薬」は古くから漢方薬の原料としても用いられております和漢の生薬を配合した薬で俗に「血の道の薬」といわれております。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 福岡薬工社
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 いけだや實母散   うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル  



亀や婦人薬の効能・効果

血の道,頭痛,月経不順,月経前後の下腹疼痛,産前産後,肩のこり,下腹腰足の痛み,冷え込み,のぼせ,耳鳴り,めまい,むくみ,神経衰弱,ヒステリー,ひきかぜ,子宮病,子宮出血

亀や婦人薬の用法・用量

大人(15歳以上)1日1袋を使用し,朝夕就寝前の3回服用する。
はじめの2回は,1袋に約180mL(1合)の熱湯を加えてよく振り出し,朝夕食前に服用する。3回目は,朝夕に使用した残りの袋に,水約270mL(1合5勺)を加え約180mLに煮詰め,就寝前に服用する。15歳以下7歳までは大人の半量宛服用する。
(用法関連注意)
○服用上の注意
1.振り出し又は煎じた後,容器の底に粉末があってもそのまま服用して差し支えありません。
2.振り出し後,薬の液の色が少し薄い場合でも,成分,効能には変化ありません。

亀や婦人薬の成分・分量

1袋(10g)中
センキュウ 1g
トウキ 1g
シャクヤク 1g
ブクリョウ 1g
ソウジュツ 1g
ケイヒ 1g
ボタンピ 1g
モッコウ 1g
センコツ 0.95g
カンゾウ 0.5g
ダイオウ 0.5g
コウカ 0.05g
(添加物)
なし

亀や婦人薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤・かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

亀や婦人薬の保管上の注意

1.直射日光を避け,なるべく湿気のない涼しい所に保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.誤用を避け,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないこと。
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。