血之道薬の効能・用量・副作用など

血之道薬の特徴

本剤は漢方処方に基づいてつくられた和漢薬配合の婦人薬で,更年期障害,血の道症,生理不順や,冷え症等によって起きる不快な症状等に効果がありますので,若い人からお年よりまで,幅広く飲んでいただける婦人薬です。
■特徴
1.漢方処方に基づいて考えられた和漢薬配合の婦人薬(煎じ薬)です。
2.婦人特有の血の道の諸症状をやわらげる効果があります。
3.婦人に多い体の冷え込みは健康の大敵です。この冷え症に効果があります。
4.1〜2回目にはふりだし,3回目は煎じて温服していただくとより効果があります。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 婦人薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 日本医薬品製造
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 いけだや實母散   うすきね血の道振薬   ウチダのサフラン   ウテレス   エッキカプセル  



血之道薬の効能・効果

血の道,産前産後,冷え込み,ヒステリー,ひきかぜ

血之道薬の用法・用量

大人1日1貼を3回に服用,初め2回は1貼に1合の熱湯を加え振出し,3回目は水1合5勺を加え半量に煎じ温服してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法用量をお守りください。

血之道薬の成分・分量

1貼(11.05g)中
センキュウ 2.2g
トウキ 2.2g
ケンゴシ 0.3g
ソウジュツ 1.4g
センコツ 1.4g
ブクリョウ 0.7g
カンゾウ 0.4g
シャクヤク 0.4g
コウブシ 0.65g
ケイヒ 0.5g
ボタンピ 0.2g
カノコソウ 0.7g
(添加物)
なし

「血之道薬」を含むQ&A

もっと見る

血之道薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,食欲不振
(2)5〜6日間服用しても症状がよくならない場合

血之道薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。