中将湯ラムールの効能・用量・副作用など

中将湯ラムールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 錠剤
製造販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

中将湯ラムールの特徴

『中将湯ラムール』は,婦人薬として用いられている生薬製剤の中将湯に鎮痛効果のあるエンゴサクを配合して抽出したエキスより製した服用しやすい糖衣錠です。
「月経」や「更年期障害」に伴う「頭痛」,「肩こり」,「腰痛」,「冷え」,「のぼせ」,「めまい」等の不快な症状を改善します。

中将湯ラムールの効能効果

血の道症,冷え症,手足のしびれ,月経不順,こしけ,動悸,息切れ,めまい,のぼせ,頭痛,腰痛,肩こり,むくみ,血色不良,便秘,月経痛

中将湯ラムールの用法用量

次の量を,空腹時または就寝時に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)

中将湯ラムールの成分分量

8錠中
混合生薬乾燥エキス 1000mg (シャクヤク・トウキ各1.6g,ケイヒ1.12g,エンゴサク・センキュウ・ボタンピ各0.8g,ブクリョウ0.64g,ソウジュツ0.48g,ジオウ・トウヒ各0.4g,カンゾウ・コウブシ・トウニン各0.32g,オウレン0.16g,ショウキョウ・チョウジ・ニンジン各0.08g)
(添加物)
アラビアゴム末,カルナウバロウ,軽質無水ケイ酸,ステアリン酸,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン,タルク,沈降炭酸カルシウム,白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ポリオキシエチレン(105)ポリオキシプロピレン(5)グリコール,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート

中将湯ラムールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

中将湯ラムールの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.本剤をぬれた手で扱わないでください。ぬれた手で扱うと,糖衣にムラができたり,変色することがあります。
4.ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損することを防止するために入れてありますので,キャップを開けた後はすててください。
5.ビンのキャップのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤が変質することがありますので,服用のつどキャップをよくしめてください。
6.誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
7.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

中将湯ラムールに効果効能が似た薬

中将湯ラムールが気になる人向けのコラム

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

生理周期が乱れやすくなる原因は? 生理不順のおもな6つの原因

「生理周期が25~38日の範囲内で、生理周期のズレが7日以内」が理想の生理周期ですが、実はちょっとしたことで乱れやすくなるもの。生理周期が乱れやすくなる原因について、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子先生に教えていただきま... 続きを読む

冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
体の冷え以外の症状がつらくて病院で診... 続きを読む

生理不順やタバコは大丈夫? 子どもが欲しい女性の最低限の自己管理

晩婚化により女性が第1子を出産する平均年齢は30歳を超え、35歳以上の高齢出産も増加しています。とはいえ、まだまだ産める…とのんびり構えているのは大間違い。妊娠するために20代から気をつけるべきことについて、ともこレディースクリニック表... 続きを読む