婦人華(顆粒)の効能・用量・副作用など

婦人華(顆粒)の基本情報

婦人華(顆粒)

婦人華(顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 婦人薬
形状 散剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

婦人華(顆粒)の特徴

婦人華(顆粒)は女性用薬として代表的な漢方処方の当帰芍薬散、桂枝茯苓丸を基本として、さらにニンジン、カンゾウを加えて生薬エキスとし、これにサフランとビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)を加え服用しやすい顆粒剤としました。月経不順、月経痛、冷え性、肩こり、更年期障害等にすぐれた効果をあらわします。

婦人華(顆粒)の効能効果

月経不順、月経痛、血の道症、こしけ、冷え症、のぼせ、貧血、めまい、腰痛、頭痛、肩こり、更年期障害

婦人華(顆粒)の用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)食間とは食後2?3時間を指します。

婦人華(顆粒)の成分分量

3包(6g)中
生薬乾燥エキス 1200mg (シャクヤク・ブクリョウ・タクシャ・ビャクジュツ・ケイヒ・ボタンピ・トウニン・カンゾウ各533mg、トウキ・センキュウ各400mg、ニンジン666mg)
サフラン末 2.5mg
トコフェロール酢酸エステル2倍散 20mg トコフェロール酢酸エステルとして10mg
(添加物)
無水ケイ酸水加物,無水ケイ酸,ショ糖脂肪酸エステル,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖水和物,香料,アラビアゴム,デキストリン

婦人華(顆粒)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気、食欲不振

婦人華(顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤は吸湿しやすいので、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してテープ等で封をし、なるべく1日以内に服用してください。(開封状態で置いておくと顆粒が変色することがあります。変色した場合は、服用しないでください。)
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

婦人華(顆粒)に効果効能が似た薬

婦人華(顆粒)が気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

生理不順は病気のサイン? 生理周期は長くても短くても安心できない

女性のみなさんは自分の月経が何日周期なのか、正確に言えますか?
毎月のことなのに、意外と正確なことを知らないのが月経に関すること。変だなと思っても、よほどのことでないと「病院へ行くのは面倒くさいし、人に聞くのも何だか……。」という人が多い... 続きを読む

生理周期が乱れやすくなる原因は? 生理不順のおもな6つの原因

「生理周期が25~38日の範囲内で、生理周期のズレが7日以内」が理想の生理周期ですが、実はちょっとしたことで乱れやすくなるもの。生理周期が乱れやすくなる原因について、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック院長の対馬ルリ子先生に教えていただきま... 続きを読む