ロスミン「ローヤル」の効能・用量・副作用など

ロスミン「ローヤル」の特徴

L-システイン,ローヤルゼリーをはじめとする9種類の生薬などを配合。小じわ,しみ・そばかすなどのお肌のトラブルや,冷え症,肩こりなどに効果があります。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の女性用薬
形状 錠剤 
製造会社 米田薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 エンペシドL   オーロラ-S   オキナゾールL100   シュトガード腟カンジダクリーム   シュトガード腟カンジダ坐剤  



ロスミン「ローヤル」の効能・効果

●しみ,そばかす,にきび,はだあれ,小じわ
●肩こり,腰痛,神経痛
●のぼせ,目まい,みみなり
●冷え症,手足の冷感,腰部冷感
●妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給

ロスミン「ローヤル」の用法・用量

次の1回量を食後に水またはぬるま湯で,かまずに服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15才以上):3錠:1日3回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤の服用に際して,尿が黄色くなることがありますが,これは本剤に含まれるビタミンB2が吸収され,その一部が尿中に排泄されるためで心配はありません。

ロスミン「ローヤル」の成分・分量

9錠中
ローヤルゼリー 50mg
L-システイン 160mg
DL-メチオニン 100mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 180mg
ビタミンE散(50%) 50mg
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 10mg
リボフラビン(ビタミンB2) 10mg
ニコチン酸アミド 30mg
パントテン酸カルシウム 15mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 5μg
カルニチン塩化物 50mg
安息香酸ナトリウムカフェイン 100mg
グリチルリチン酸一アンモニウム 10mg
トウキ末 100mg
シャクヤク末 200mg
ブクリョウ末 150mg
ソウジュツ末 150mg
タクシャ末 100mg
センキュウ末 100mg
ハンゲ末 100mg
ニンジン末 100mg
(添加物)
黄色5号,バレイショデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,タルク,無水ケイ酸,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,白糖,酸化チタン,アラビアゴム,ポビドン,カルナウバロウ

「ロスミン「ローヤル」」を含むQ&A

もっと見る

ロスミン「ローヤル」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘,下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ロスミン「ローヤル」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)湿気により錠剤表面が一部溶けて、変色又は色むらを生じることがありますので、ぬれた手で触れないでください。また、ぬれた錠剤をビンに戻すと他の錠剤にも影響を与えますので、戻さないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
(6)箱の「開封年月日」記入欄にビンを開封した日付を記入しておいてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(8)ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
※本剤はLーシステイン、DLーメチオニンを配合してありますので、多少特異なにおいがすることもありますが、効果に変わりはありません。
※本剤は落下などの衝撃で錠剤が破損することがありますので、取扱いにはご注意ください。