タウロミンの効能・用量・副作用など

タウロミンの基本情報

タウロミン

タウロミン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抗ヒスタミン薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 福井製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

タウロミンの特徴

皮ふ疾患の1/3は湿疹・皮ふ炎といわれ,近年鼻炎とともにこれらアレルギー症状をあらわす人が増加する傾向にあります.これには,最近の衣・食・住等生活環境の変化に加え,季節・気候等外的因子,体内の変調,栄養状態,ホルモン分泌等内的因子などが深く関係しているといわれます。
タウロミンは,これらの原因による皮ふの炎症や鼻炎に有効な和漢生薬に,カルシウム,ビタミン,アミノ酸などの栄養成分を配合した,皮ふ疾患・鼻炎のための内服治療剤です。

タウロミンの効能効果

湿疹,皮膚炎,じんましん,皮膚のかゆみ,鼻炎

タウロミンの用法用量

次の1回量を1日3回服用してください。症状により,通常の2?3倍を服用することもできます。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:4錠:3回
8?15才:2錠:3回
8才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

タウロミンの成分分量

12錠中
サイコ末 90mg
ハマボウフウ末 90mg
センキュウ末 90mg
ブクリョウ末 90mg
オウヒ末 90mg
キキョウ末 90mg
ショウキョウ末 90mg
ドクカツ末 54mg
ケイガイ末 54mg
カンゾウ末 54mg
リン酸水素カルシウム水和物 1080mg
乳酸カルシウム水和物 360mg
ヨクイニン末 360mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 36mg
グルクロノラクトン 36mg
チアミン硝化物 7.2mg
リボフラビン 7.2mg
ピリドキシン塩酸塩 3.6mg
ニコチン酸アミド 14.4mg
パントテン酸カルシウム 14.4mg
イノシトール 18mg
エルゴカルシフェロール 9μg (360 I.U.)
クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.6mg
ラクトサン末 240mg
(添加物)
ブドウ糖,セルロース,ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム

タウロミンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
他のアレルギー用薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬,乗物酔い薬等)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)
3.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
排尿困難
(5)次の診断を受けた人。
緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
泌尿器:排尿困難
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
口のかわき,眠気
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

タウロミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)本剤をぬれた手で扱わないでください。(変色したり品質が変わることがあります。)
(5)使用期限(外箱に表示)をすぎた製品は服用しないでください。

タウロミンが気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

グルテンフリーダイエットは痩せるためのもの?

脱タンパク
今、欧米ではグルテンフリーダイエットが流行っています。
このグルテンフリーダイエット、そもそもはアレルギーの患者さんへの対処法でした。
グルテンは小麦・大麦・ライ麦・オーツ麦等に含まれ、欧米では主食ともなる食品です。この... 続きを読む

精力剤を飲む前に試したい、精力増強に効果がある9つの食材と栄養素

赤ちゃんを授かるために、パートナーと子作りしたいけど、昨今の男性は仕事のストレスで精力が減退気味。そこで、日頃の疲れを撃退させながら、精力サポートする食べものをご紹介します。 ストレスは男性の精力を減退させる 男性の性欲のピークは25歳... 続きを読む

その症状、自律神経失調症かも? 主な症状と自律神経を整える方法

急に動悸がしたり、なんとなくだるかったり。原因はわからないけど、不定愁訴が多くなってきたら、自律神経失調症を疑ってみた方がいいかもしれません。 生理機能がうまく操作できない
自律神経失調症とは 私たちの体に備わっている自律神経は、体を無... 続きを読む

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む