オキシドールの効能・用量・副作用など

オキシドールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 大洋製薬
販売会社 オールジャパンドラッグ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

オキシドールの特徴

3w/v%過酸化水素水
「環境を配慮した、たためるボトル採用」
1.ボトルの真ん中を両手で持ち、つぶす。
2.しっかりと押さえ込んだ後、空気が入らないようにキャップをしめ、廃棄する。

オキシドールの効能効果

傷の消毒、洗浄

オキシドールの用法用量

そのままの液または2?3倍に水でうすめた液を脱脂綿、ガーゼ等に浸して患部を洗う。
(用法関連注意)
1)定められた用法・用量を厳守すること
2)外用にのみ使用し、内服しないこと
3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、
眼科医の診療を受けること
4)顔面など皮膚の敏感な箇所に適用する場合には、はじめは低濃度から開始すること
5)小児に使用させる場合には、特に注意し、保護者の指導監督のもとに使用させること

オキシドールの成分分量

100mL,500mL
オキシドール (過酸化水素2.5?3.5%)
(添加物)
フェナセチン、エタノール

オキシドールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師
又は登録販売者に相談すること
[関係部位] : [症 状]
皮 ふ : 発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

オキシドールの保管上の注意

1)小児の手の届かないところに保管すること
2)直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に密栓して保管すること
3)使用後は密栓すること
4)保存中に瓶内の圧力が高くなっていることがあるので、瓶口を顔にむけぬようにして、キャップをあけること
5)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと
6)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと

オキシドールが気になる人向けのコラム

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む

こころの傷の癒し方-トラウマに向き合いながら克服する方法

「こころのケア」という言葉を耳にすることが多くなりました。「トラウマ」という言葉が日常的に使われるようになりつつあることからも、人々のこころの傷への関心の高さがうかがわれます。 大規模な災害や事故に遭った場合はもちろん、日常生活の中でもこ... 続きを読む

10秒ダイエットで痩せやすい体に

インナーマッスル10秒
最近スポーツ選手などがトレーニングを進めていることで、話題となっている インナーマッスル。この インナーマッスルを鍛えることで、脂肪の燃焼しやすい、痩せやすい体を作ることが出来ます。これは インナーマッスルを鍛え... 続きを読む

高齢者の転倒を予防するには-ポールウォーキングで楽しく運動

高齢者の転倒は、骨折を引き起こす要因です。特に後方や斜め後ろに転倒すると、足の付け根の大腿骨頸部骨折を引き起こし、寝たきりの原因にもなります。そのため、転倒を予防することは、寝たきり予防のためにもとても大切です。
転倒に関連する要因はい... 続きを読む

噛みしめ呑気症候群とは-お腹の張りや頭痛、肩こりの原因は同じ?

ガスでおなかが張る、ゲップがよく出るなどということはありませんか?
それでは、頭痛や肩・首のこり、あごの痛みはどうですか?
これら関連がなさそうないくつかの症状が、実は同じ根っこから発生しているかもしれないのです。それは「噛(か)みしめ呑... 続きを読む