オキシドールの効能・用量・副作用など

オキシドールの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤 
製造会社 日興製薬
販売会社 丸石製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.1%アクリノール液「ニッコーA」   0.1%アクリノール液P「ヤクハン」   0.2%アクリノール液KZS   DHC 消毒綿   HAKUJUJI ヘキシジン綿球  



オキシドールの効能・効果

傷の消毒・洗浄

オキシドールの用法・用量

そのままの液又は2~3倍に水でうすめた液を脱脂綿,ガーゼ等に浸して患部を洗う。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)顔面など皮膚の敏感な個所に適用する場合には,はじめは低濃度から開始すること。
(3)小児に使用させる場合には,特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(4)目に入らないよう注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には直ちに眼科医の診療を受けること。
(5)外用にのみ使用し,内服しないこと。

オキシドールの成分・分量

本品
過酸化水素 2.5~3.5w/v%
(添加物)
フェナセチン

オキシドールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる。)
長期連用しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5~6日使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

オキシドールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらないなるべく冷所(30℃以下)に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)保存中に瓶内の圧力が高くなっていることがあるので,瓶口を顔にむけぬようにして,キャップをあけること。