オキシドールの効能・用量・副作用など

オキシドールの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤 
製造会社 フヂミ製薬所
販売会社 中北薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.1%アクリノール液「ニッコーA」   0.1%アクリノール液P「ヤクハン」   0.2%アクリノール液KZS   DHC 消毒綿   HAKUJUJI ヘキシジン綿球  



オキシドールの効能・効果

傷の消毒、洗浄

オキシドールの用法・用量

そのままの液又は2~3倍に水で薄めた液を脱脂綿、ガーゼ等に浸して患部を洗う。
(用法関連注意)
1)定められた用法・容量を守って下さい。
2)概要にのみ使用して、内服しないで下さい。
3)目に入らないよう注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い流し、直ちに眼科医の診察を受けてください。
4)顔面など皮膚の敏感な箇所に使用する場合には、初めは低濃度から開始して下さい。
5)小児に使用する場合は、特に注意し、保護者の指導監督のもとに使用して下さい。
6)長期間連用しないで下さい。

オキシドールの成分・分量

100mL中
35% 過酸化水素 8.6g 承認規格
フェナセチン 0.03g 日局フェナセチン
(添加物)
フェナセチン

オキシドールの使用上の注意と副作用

相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
1)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人
2)患部が広範囲の人
3)深い傷やひどいやけどの人
4)医師の治療を受けている人
2.次の場合は直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
1)発赤、はれ等、皮ふに異常を感じた場合
2)数日間使用しても症状の改善が見られない場合

オキシドールの保管上の注意

1)小児の手の届かないところに保管してください。
2)直射日光を避け、なるべく冷所(30℃以下)に密栓して保管して下さい。
3)誤用を避け、品質を保持するために、他の容器に入れかえないで下さい。
4)保存中にビンの中の圧力が高くなっていることがあるのでビンの口を顔に向けないようにして、キャップをあけて下さい。