オロナインH軟膏の効能・用量・副作用など

オロナインH軟膏の基本情報

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 大塚製薬工場
販売会社 大塚製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

オロナインH軟膏の特徴

にきび,吹出物には少量をかるくすりこんでください。べとつく場合は,タオル,ガーゼ等で拭きとってください。
きず(きりきず,すりきず,つききず)には患部を清潔にして塗ってください。オロナインH軟膏はきず口を消毒し,化膿を防ぎます。
軽度のやけどの場合は,患部に塗ってガーゼを当ててください。化膿を防ぎます。
ナイフ,カミソリなどによるきりキズにご使用ください。オロナインH軟膏の殺菌作用により化膿を防ぎます。
水虫にはお風呂上りにすりこむのが効果的ですが,毎日忘れぬよう根気よくお続けください。なお,じゅくじゅくした湿潤性の水虫には適当ではありません。
いんきん,たむし,しらくも,はたけにもオロナインH軟膏をご使用ください。
山や海で思わぬきず等に慌てた経験がおありでしょう。オロナインH軟膏はご家庭ばかりでなく,外出や旅行のときの携帯薬としても使用できます。
冬のひび,しもやけ,あかぎれには水仕事のあとやお風呂上り,お寝み前によくすりこんでください。

オロナインH軟膏の効能効果

にきび,吹出物,はたけ,火傷(かるいもの),ひび,しもやけ,あかぎれ,傷,水虫(じゅくじゅくしていないもの),たむし,いんきん,しらくも

オロナインH軟膏の用法用量

患部の状態に応じて適宜ガーゼ・脱脂綿等に塗布して使用するか又は清潔な手指にて直接患部に応用します。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用してください。
(4)患部やその周囲の汚れを落としてから使用してください。

オロナインH軟膏の成分分量

1g中
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%) 10mg
(添加物)
ラウロマクロゴール,ポリソルベート80,硫酸アルミニウムカリウム,マクロゴール,グリセリン,オリブ油,ステアリルアルコール,サラシミツロウ,ワセリン,自己乳化型ステアリン酸グリセリル,香料,精製水

オロナインH軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないでください。
(1)湿疹(ただれ,かぶれ)
(2)化粧下
(3)虫さされ
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)湿潤やただれのひどい人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,乾燥,ひびわれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

オロナインH軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)外箱及び容器に表示の使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
(5)瓶容器はガラス製ですので,強い衝撃はさけてください。容器が破損し,けがをするおそれがあります。
〔一般用に記載〕
(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)外箱及び容器に表示の配置期限をすぎた製品は使用しないでください。
〔配置用に記載〕

オロナインH軟膏が気になる人向けのコラム

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

「山ガール」入門-女性がハイキングに向いている理由とは?

休日の高尾山。中高年や家族連れに交じって、若い女性の姿もたくさん見かけました。おしゃれなウエアを着て、ハイキングを楽しむ女性たち。そんな彼女たちを「山ガール」と呼びます。主力は20~30代のアラサー女子。
山ガール出現の大きな一因は、ウ... 続きを読む

ダイエットの力強い見方のひまし油

ひまし油
油は痩せたい人にとっては大敵なはずなのに、ひまし油はその逆で力強い見方になってくれます。やり方は簡単で、ひまし油をガーゼに含ませ、お腹に巻くだけの簡単なダイエット法です。最初の準備は、20~30cm四方のガーゼを3~4枚重ねま... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

ツボ刺激を刺激する青竹踏みダイエット

青竹踏み
青竹踏みはダイエットに効果があるそうです。
青竹踏みと言えば、足裏への刺激ですが、足裏には多くのツボが集まっています。
他の場所よりも体に与える影響が大きく、青竹を踏むだけで体に様々な良い効果をもたらすと言われています。 ... 続きを読む