ダイアジンA軟膏の効能・用量・副作用など

ダイアジンA軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 中新薬業
販売会社 森下仁丹
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ダイアジンA軟膏の特徴

きりきず,すりきずなどは,ほうっておくと化膿することもありますから,早めにダイアジンA軟膏で手当することが大切です。
[特長]
・イソプロピルメチルフェノールが傷口を殺菌消毒し,ばい菌による傷の化膿を防ぎます(殺菌消毒作用)。
・リドカインが傷等による痛みを早くしずめます。(局所麻酔作用)
・消炎・鎮痛・殺菌作用をもつl-メントールも配合してあります。
・クリームタイプでのびがよく,べたつきがなくさっぱりしているので,衣服などを汚すこともありません。

ダイアジンA軟膏の効能効果

切傷,すり傷,さし傷,かき傷,靴ずれ,創傷面の殺菌・消毒

ダイアジンA軟膏の用法用量

1日数回,適量を患部にすりこむか又は塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法を守って下さい。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
(4)外用にのみ使用して下さい。
(5)傷口に泥やよごれ等がついている場合は,きれいに洗い落として下さい。また,使用の際には手指を清潔にして下さい。

ダイアジンA軟膏の成分分量

100g中
イソプロピルメチルフェノール 1g
リドカイン 1.5g
l-メントール 2g
(添加物)
プロピレングリコール,セタノール,ミリスチン酸イソプロピル,ラウリル硫酸ナトリウム,ステアリン酸ソルビタン,パラベン,ステアリン酸グリセリン,べヘン酸,ヘキシルデカノール,ジメチルポリシロキサン,ステアリン酸ポリオキシル,ラウロマクロゴール

ダイアジンA軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ダイアジンA軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。特に高温になるような所(夏の車中など)には絶対に保管しないで下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。なお,表示の期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用して下さい。

ダイアジンA軟膏が気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む

こころの傷の癒し方-トラウマに向き合いながら克服する方法

「こころのケア」という言葉を耳にすることが多くなりました。「トラウマ」という言葉が日常的に使われるようになりつつあることからも、人々のこころの傷への関心の高さがうかがわれます。 大規模な災害や事故に遭った場合はもちろん、日常生活の中でもこ... 続きを読む

パソコン疲れのVDT症候群を予防するには? 改善のポイント

パソコン作業をしながら、「目が疲れた」「肩がこった」「背中が痛い」などともらしているあなたのために、「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)症候群」を防ぐためのポイントを紹介しましょう。それにはまず、パソコン作業環境を整えることか... 続きを読む