リバガーゼFの効能・用量・副作用など

リバガーゼFの基本情報

リバガーゼF

リバガーゼF

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 その他
製造販売会社 玉川衛材
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

リバガーゼFの特徴

切傷,すり傷,さし傷,かき傷,靴ずれ等は日常よく見られますが、細菌からの感染を守るため、できるだけ早く殺菌消毒薬で手当てすることが必要です。
「リバガーゼF」は殺菌消毒液を特殊ガーゼに含ませ、これを1枚ずつアルミ袋で包装したハンディタイプの殺菌消毒ガーゼです。
アクリノールは殺菌作用が強く、しかも血清たん白の存在下でも作用が減弱しません。
特殊加工フィルム付きガーゼを使用しているので、傷口にガーゼが付着しにくく交換も容易で、はがすとき痛くありません。

リバガーゼFの効能効果

切傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ、創傷面の殺菌・消毒・被覆

リバガーゼFの用法用量

アルミ袋を開封し、中のガーゼをピンセットで取り出し、つやのある面(フィルム面)を傷口にあて、添付の固定用粘着シートで被覆固定して下さい。薬剤が特殊加工フィルムを透過して傷を消毒し、ガーゼと傷の固着も防ぎます。又、創傷面を消毒する際にはガーゼ面(つやのない面)で清拭して下さい。創傷面が特に小さい場合には適宜折りたたむか、又は裁断の上使用して下さい。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部を清潔にし、ガーゼ部分を汚さないように注意して使用してください。
(3)固定用シートの粘着面を直接患部に貼らないで下さい。
(4)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)固定用粘着シートの貼付部位に発疹,発赤,かゆみ等の症状があらわれた場合には粘着シートの使用を中止し、包帯等他の方法で固定してください。
(7)ガーゼについている透明なフィルムは、はがさずにそのまま使用して下さい。
(8)粘着テープに薬液が染み出すことがありますので、そのような場合は上から包帯を巻くなど、衣服を汚さないように注意して下さい。

リバガーゼFの成分分量

1包(1.8g)中
アクリノール0.2%液 1.5g
基布(4×5cm) 0.3g
(添加物)
濃グリセリン

リバガーゼFの使用上の注意と副作用

<使用上の注意>
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)患部が広範囲の人
(2)深い傷やひどいやけどの人
2.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
3.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮フ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

リバガーゼFの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
※通気性の良い固定用粘着シートを使用しているため,薬液がしみだしてくるおそれがありますので,じかに衣類等が触れないようご注意下さい。万一,薬液が付着した場合は,すぐに付着した生地の下にガーゼ又はタオル等をあて,酢を浸した脱脂綿等で付着部分を上から繰り返したたいて下さい。その後,酵素系漂白剤の使用できる衣類等については,液体の酵素系漂白剤を付着した部分に塗布して漂白して下さい。

リバガーゼFが気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

ダイエットの力強い見方のひまし油

ひまし油
油は痩せたい人にとっては大敵なはずなのに、ひまし油はその逆で力強い見方になってくれます。やり方は簡単で、ひまし油をガーゼに含ませ、お腹に巻くだけの簡単なダイエット法です。最初の準備は、20~30cm四方のガーゼを3~4枚重ねま... 続きを読む

食物アレルギーは負荷試験で正確な診断ができる-治療も可能?

アレルギー疾患のうち、アトピー性皮膚炎や喘息の患者さんの数の増加傾向は頭打ちになりつつありますが、食物アレルギーの患者さんは先進国を中心に増えています。
人の体には、細菌やウイルスのような異物を排除して体を守ろうとする免疫というシステ... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む