昭和希ヨーチンの効能・用量・副作用など

昭和希ヨーチンの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤 
製造会社 昭和製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.1%アクリノール液「ニッコーA」   0.1%アクリノール液P「ヤクハン」   0.2%アクリノール液KZS   DHC 消毒綿   HAKUJUJI ヘキシジン綿球  



昭和希ヨーチンの効能・効果

創傷面の殺菌・消毒

昭和希ヨーチンの用法・用量

適量を1日数回患部に塗布する。
(用法関連注意)
●定められた用法を厳守すること。
●小児に使用する場合には特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用すること。
●外用にのみ使用し,内服しないこと。
●目に入らないように注意すること。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い流し,直ちに眼科医の診療を受けること。

昭和希ヨーチンの成分・分量

100mL中
ヨウ素 3g
(添加物)
八アセチル化ショ糖変性アルコール,ヨウ化カリウム

昭和希ヨーチンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる)
●患部及び皮膚に軽く塗るだけにとどめ,ガーゼ,脱脂綿に浸して貼付しないこと。
●次の部位には使用しないこと。
口唇等の粘膜の部分,口の中,目のまわり。
●マーキュロクロム液と同時に使用しないこと。
●皮膚炎を起こすことがあるので,広範囲又は長期間使用しないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること。
●医師の治療を受けている人。
●本人又は家族がアレルギー体質の人。
●薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
●患部が広範囲の人。
●深い傷やひどいやけどの人。
2.次の場合は直ちに使用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1)使用後,発疹・発赤,はれ,かゆみ,灼熱感,水泡等皮ふに異常を感じた場合。
まれに次の重篤な症状がおきることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
アナフィラキシー様症状:胸苦しさ,むくみ,じんましん,発疹等があらわれる。
(2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合。
その他の注意
■その他の注意
化膿にはかえって症状を悪化させることがあるので,使用に際しては注意すること。

昭和希ヨーチンの保管上の注意

●小児の手の届かないところに保管すること。
●直射日光をさけ,なるべく涼しい場所に密栓して保管すること。
●誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないこと。