クミアイメンタムの効能・用量・副作用など

クミアイメンタムの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 協同薬品工業
販売会社 全国農業協同組合連合会
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

クミアイメンタムの特徴

クミアイメンタムは,すぐれた血液循環作用と消炎作用をもつ外用薬です。ひび・あかぎれなどに,ご家庭の常備薬としてお役立てください。

クミアイメンタムの効能効果

ひび,あかぎれ,のどの痛み

クミアイメンタムの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

クミアイメンタムの成分分量

100g中
dl-カンフル 9.5g
l-メントール 1.5g
サリチル酸メチル 4g
ユーカリ油 2g
(添加物)
ワセリン,パラフィン,ラノリン

クミアイメンタムの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ

クミアイメンタムの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

クミアイメンタムが気になる人向けのコラム

家庭医が綴る福島からのメッセージ 2-避難所での医療の混乱

今回の大震災では、地震、津波の被害が沿岸部を中心に広範囲に及んだことや原発事故の発生により、さまざまな背景をもった多くの方々が避難を余儀なくされました。特に原子力災害という特殊な事情により、地震そのものでは無傷であったのにもかかわらず、原... 続きを読む

完璧主義は疲れる-働き者の女性が陥るスーパーウーマン症候群

仕事をもっている女性は多忙です。とりわけ家庭を持って、家事などを担当している人は、帰宅してからも、ホッとひと息というわけにはいきません。
あわただしく家に帰ると、食事の仕度が待っている。そして休日も掃除や洗濯などに追われ、のんびりくつ... 続きを読む

特に寒い日は足湯で温まろう-足湯・手湯の健康効果とケア方法

足だけ温泉気分につかる“足湯”は、今やどこの温泉地に行っても見られる光景です。さらに手軽な、手だけ温める“手湯”も登場しています。また、手と足を同時に温めることができるところもあります。一年のうちで寒さが最も厳しいこの時期、あちこちの足湯... 続きを読む

血圧は健康管理の大事なバロメーター|高血圧の基準とは?

一般健診や人間ドックの各検査項目のなかで、前回はBMIと腹囲について具体的に述べました。今回は血圧測定について見ていきましょう。
血圧はBMIと並んで健康診断において大変重要な検査項目です。また健康診断を受けなくても、体重と同様に、血... 続きを読む

夏の子どもの健康トラブル-夏かぜ・脱水症・いぼ・水泡の対処法

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。今回は、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。
夏にもかぜがはやります。いわゆる「夏かぜ」で... 続きを読む