グリセリン「東海」(AP)の効能・用量・副作用など

グリセリン「東海」(AP)の特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 浣腸薬
形状 液剤 
製造会社 東海製薬
販売会社 アラクス
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品



グリセリン「東海」(AP)の効能・効果

(外用)ひび、あかぎれ
(浣腸用)便秘

グリセリン「東海」(AP)の用法・用量

(外用)
脱脂綿・ガーゼ等に浸して患部に軽く塗る。
(浣腸用)
本剤を精製水で2倍に希釈し、浣腸器を用いて直腸内に注入する。
注入量は希釈後の溶液の量として次の通りとする。
12歳以上 1回 30mL
6歳以上12歳未満 1回 20mL
1歳以上6歳未満 1回 10mL
1歳未満 1回 5mL
効果のみられないときは、さらに同じ量をもう一度直腸内に注入する。
(用法関連注意)
(外用)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。
なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。
(浣腸用)
(1)定められた濃度に希釈して、よくかき混ぜること。
(2)本剤使用後は、便意が強まるまで、しばらくがまんすること。
(使用後、すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され、効果がみられないことがある。)
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(4)特に乳幼児の場合には、安易な使用をさけ、浣腸にたよりすぎないよう注意すること。
(5)注入に際し、無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意すること。
(6)浣腸にのみ使用すること。

グリセリン「東海」(AP)の成分・分量

本品中
グリセリン(C3H8O3) 84.0〜87.0%
(添加物)
なし

グリセリン「東海」(AP)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと(浣腸用)
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
連用しないこと〔常用すると、効果が減弱し(いわゆる“なれ”が生じ)薬剤にたよりがちになる。〕
■相談すること
(外用)
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
(2)湿潤やただれのひどい人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
(浣腸用)
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)1歳未満の乳児
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
はげしい腹痛、悪心・嘔吐、痔出血
(6)次の診断を受けた人
心臓病
2.2〜3回使用しても排便がない場合は、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
その他の注意
(浣腸用)
次の症状があらわれることがある。
立ちくらみ、肛門部の熱感、不快感

グリセリン「東海」(AP)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(5)希釈するための容器は清潔なものを使用してください。(浣腸)
(6)使用残液は捨ててください。(浣腸)