エスカメルの効能・用量・副作用など

エスカメルの基本情報

エスカメル

エスカメル

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

エスカメルの特徴

●にきびの原因菌にすぐれた殺菌作用をあらわします。
●患部を乾燥し,にきびの治りを早めます。
●肌色で目立ちません。

エスカメルの効能効果

尋常性座瘡(にきび)

エスカメルの用法用量

患部を清浄後,1日1回塗布します。特に脂性の方は,2?3回塗布します。
(用法関連注意)
(1) 使用に先だって少量をひじの内側に塗り,一晩そのままにしておいてください。翌朝,塗った箇所に過敏症状(発疹・発赤,かゆみ等)があらわれた場合には使用しないでください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)本剤を塗布後,患部をこすらないようにしてください。
(7) 本剤の使用により,皮膚が多少乾燥したり,赤みをおびたりすることがあります。そのような時は使用を一時中止してください。再び使用する時は間隔をあけてから使用してください。

エスカメルの成分分量

イオウ 0.08
レゾルシン 0.02
(添加物)
ベントナイト,酸化チタン,プロピレングリコール,アルコール,水酸化K,酸化鉄,三二酸化鉄,香料

エスカメルの使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
(5)深い傷やひどいやけどの人。
2. 使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3. 5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

エスカメルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

エスカメルが気になる人向けのコラム

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

これは覚えておきたい-暑い季節の食中毒を予防するための8カ条

雨がしとしと降り続き気温も上昇、うっとうしい日本の梅雨。この時期から活発な活動を開始するのが食中毒菌です。
ちなみに食中毒とは、食中毒菌や食中毒菌の出す毒素に汚染された食品を食べることなどによって起こる中毒症状で、日本での発生が多いの... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

そんなに食べていないのに太った原因-7つのチェックポイント

肥満が気になる人のなかには、「そんなに食べ過ぎてもいないのに、どうして太るんだろう?」と思っている人も多いことでしょう。肥満、つまり体脂肪が増えてしまうのは、それなりの原因があるはずです。肥満を解消するためには、毎日の食生活を客観的に振り返... 続きを読む