ピンプリットNの効能・用量・副作用など

ピンプリットNの特徴

(1)にきびを3ステップの作用で治療
開口:角質をやわらかくし,つまった毛穴を開き,皮脂の分泌をスムーズにします。
消炎:炎症をおさえ,患部の赤み・はれをやわらげます。
殺菌:にきびの炎症や化膿の原因となるアクネ菌などの細菌をおさえます。
(2)オイルフリー
油分を全く含まないので,べたつかず,さっぱりした使用感です。
(3)無香料
(4)患部がカサつきにくい使用感
湿潤剤として濃グリセリンを配合しています。
(5)肌色タイプ
患部をかくしながら治療できる肌色タイプです。

ピンプリットN

ピンプリットN

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤 
製造会社 資生堂
販売会社 資生堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC にきびクリーム   DHC にきび軟膏   アクネージアニキビ薬   アクネペール   アポスティークリーム  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ピンプリットNの効能・効果

にきび

ピンプリットNの用法・用量

1日1〜3回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

ピンプリットNの成分・分量

1g中
イオウ 40mg
レゾルシン 20mg
酸化亜鉛 20mg
グリチルレチン酸 3mg
(添加物)
ゲラニオール,エタノール,グリセリン,1,3-ブチレングリコール,マクロゴール,タルク,カオリン,三二酸化鉄,酸化鉄,乳酸,ベントナイト

ピンプリットNの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)湿潤やただれのひどい人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ピンプリットNの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(5)ご使用後は,チューブの口元をきれいにふいた後,しっかりキャップをしめて保管してください。