ピンプリットにきび治療薬Cの効能・用量・副作用など

ピンプリットにきび治療薬Cの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 資生堂
販売会社 資生堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ピンプリットにきび治療薬Cの特徴

(1)にきびを3ステップの作用で治療
開口:角質をやわらかくし,つまった毛穴を開き,皮脂の分泌をスムーズにします。
消炎:炎症をおさえ,患部の赤み・はれをやわらげます。
殺菌:にきびの炎症や化膿の原因となるアクネ菌などの細菌をおさえます。
(2)オイルフリー
油分を全く含まないので,べたつかず,さっぱりした使用感です。
(3)無香料・弱酸性
(4)患部がカサつきにくい使用感
湿潤剤としてヒアルロン酸ナトリウムを配合しています。
(5)無色タイプ
患部に塗ると透明になる色調の治療薬なので,目立たずにきびを治療できます。

ピンプリットにきび治療薬Cの効能効果

にきび

ピンプリットにきび治療薬Cの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

ピンプリットにきび治療薬Cの成分分量

1g中
イオウ 40mg
レゾルシン 20mg
グリチルレチン酸 3mg
(添加物)
ゲラニオール,エタノール,グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ヒアルロン酸ナトリウム,乳酸,亜硫酸水素ナトリウム,ベントナイト

ピンプリットにきび治療薬Cの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)患部が広範囲の人
(4)湿潤やただれのひどい人
(5)深い傷やひどいやけどの人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ピンプリットにきび治療薬Cの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
(5)ご使用後は,チューブの口元をきれいにふいた後,しっかりキャップをしめて保管してください。

ピンプリットにきび治療薬Cに効果効能が似た薬

ピンプリットにきび治療薬Cが気になる人向けのコラム

皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮... 続きを読む

脱インスタントがダイエットに効果的な理由

脱インスタント
インスタント食品を買う前にカロリーチェックをしてみると、大体400キロカロリーほど。
これならダイエットに支障はないはず、と思うのは間違いです。
インスタント食品がダイエットに良くないのは、塩分と油分が多く含まれるの... 続きを読む

育休からの職場復帰へ-確認しておきたいこと3つのステップ

子育て中の皆様、楽しんで子育てをなさっていますか?
子どものいなかったときと今では、仕事や家庭に対するお気持ちに変化はありましたか。子育てでお仕事は辞めたのでしょうか、育児休業をとって復帰する予定でしょうか。保育園は見つかりましたか。お... 続きを読む

地中海式ダイエットのメリットとは

地中海式
植物性油脂の油であるオリーブオイルを摂る事でほとんどの油分を賄っている地中海式食生活は、動物性油脂を摂るより肥満や心臓疾患などをずっと減らす事ができると証明されています。
植物性脂肪の油である「オリーブオイル」でほとんどの油... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む