顔剤ユキワリミンの効能・用量・副作用など

顔剤ユキワリミンの特徴

顔剤ユキワリミン

顔剤ユキワリミン

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 化膿性疾患用薬
形状 液剤 
製造会社 原沢製薬工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC にきび軟膏   アクネージアニキビ薬   アクネペール   アポスティークリーム   アンナザルベ・エース  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



顔剤ユキワリミンの効能・効果

面皰(顔のにきび),汗皰(膿みにきび),濕疹(湿疹),白斑,丘疹,疥癬,色班症,毒虫刺傷,膿皰疹,水虫,田虫,ヒビ,霜焼,火傷,創傷

顔剤ユキワリミンの用法・用量

綿あるいは紙に適量をつけ,又は,手にとり塗布して下さい。
(用法関連注意)
1.定められた用法・用量を守って下さい。
2.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
3.目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
4.外用にのみ使用して下さい。

顔剤ユキワリミンの成分・分量

100g中
雪割草アルコール浸液 5g
サリチル酸 20mg
4-ニトロフェノールナトリウム二水和物 5mg
d-カンフル 1mg
ピリドキシン塩酸塩 0.5mg
銅クロロフィリンナトリウム 0.5mg
(添加物)
精製水,アルギン酸ナトリウム,フェロシアン化カリウム,硝酸ナトリウム,硝酸アンモニウム,水酸化ナトリウム,硫酸ナトリウム,硫酸アンモニウム,香料

顔剤ユキワリミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人
(2)患部が広範囲の人
(3)湿潤やただれのひどい人
(4)深い傷やひどいやけどの人
(5)医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ等
(2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合

顔剤ユキワリミンの保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管して下さい。
2.直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
3.誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れ替えないで下さい。
4.使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。