JPS温感ハップの効能・用量・副作用など

JPS温感ハップの特徴

●JPS温感ハップは,鎮痛・消炎効果と温感作用をあわせもった温感パップ剤です。
●JPS温感ハップは,トウガラシエキスを配合していますので心地よい温感刺激を与え,肩こり,腰痛,関節痛などの症状を改善します。
●JPS温感ハップは,タテ・ヨコに伸びる基布を使用していますので,ピッタリフィットします。
●JPS温感ハップは,固定用粘着シートがついていますので屈伸部位にも楽に固定できます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤 
製造会社 帝國製薬
販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



JPS温感ハップの効能・効果

腰痛,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,打撲,捻挫,しもやけ,骨折痛

JPS温感ハップの用法・用量

表面のプラスチックフィルムをはがし,患部に1日1~2回貼付してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)打撲(うちみ),捻挫には,はれがひいてから使用してください。
(4)汗をかいたり,患部がぬれている時は,よく拭き取ってから使用してください。
(5)本剤を貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(6)本剤を貼ったまま,あるいははがした直後に入浴しないでください。
(強い刺激を感じることがあるので,少なくとも入浴の1時間前にははがし,入浴後は30分位してから使用してください。)
(7)本剤に触れた手で,目の周囲,口唇,鼻孔,その他の粘膜にさわらないでください。
(8)皮膚の弱い人は,本剤を同じ所に続けて使用しないでください。(使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。)

JPS温感ハップの成分・分量

膏体100g(875cm2)中
サリチル酸メチル 1.5g
l-メントール 0.5g
dl-カンフル 0.5g
トコフェロール酢酸エステル 0.3g
グリチルレチン酸 0.05g
オウバク軟エキス 1.0g (原生薬換算量 3.3g)
トウガラシエキス 0.3g (原生薬換算量 3.75g)
1枚 14cm×10cm
伸縮性
(添加物)
カルメロースナトリウム(CMC-Na),D-ソルビトール,グリセリン,ポリアクリル酸,ポリアクリル酸部分中和物,エデト酸ナトリウム,カオリン,pH調節剤,その他3成分

JPS温感ハップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS温感ハップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。未使用分はもとの袋に入れ,開封口のチャックをきちんと閉めて保管してください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。