アンメルツコールドスプレーの効能・用量・副作用など

アンメルツコールドスプレーの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



アンメルツコールドスプレーの効能・効果

筋肉痛,筋肉疲労,肩こり,腰痛,打撲,捻挫,関節痛

アンメルツコールドスプレーの用法・用量

1日数回,患部に適量噴霧してください
(患部まで約10cmの距離で噴射すること。使用前によく振とうすること。凍傷などの恐れがあるので,同じ箇所に連続して1秒以上噴射しないこと。)
(用法関連注意)

アンメルツコールドスプレーの成分・分量

100mL中
サリチル酸エチレングリコール 2000mg
l-メントール 2000mg
ニコチン酸ベンジル 15mg
(添加物)
エタノール,タルク,香料,LPG,DME,八アセチルしょ糖

アンメルツコールドスプレーの使用上の注意と副作用

アンメルツコールドスプレーの保管上の注意