アンメルツヨコヨコの効能・用量・副作用など

アンメルツヨコヨコの基本情報

アンメルツヨコヨコ

アンメルツヨコヨコ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アンメルツヨコヨコの効能効果

肩のこり,筋肉痛,神経痛,腰痛,打撲,筋肉のはれ,リウマチ,しもやけ

アンメルツヨコヨコの用法用量

患部に適量を塗布してください
(用法関連注意)

アンメルツヨコヨコの成分分量

100mL中
サリチル酸メチル 5000mg
l-メントール 5200mg
dl-カンフル 5200mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 100mg
チモール 700mg
ノナン酸バニリルアミド 10mg
(添加物)
プロピレングリコール,エタノール,フェニルエチルアルコール

アンメルツヨコヨコに効果効能が似た薬

アンメルツヨコヨコが気になる人向けのコラム

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む