インペタン1%液の効能・用量・副作用など

インペタン1%液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 三友薬品
販売会社 ラクール薬品販売
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

インペタン1%液の特徴

●痛みを抑えるインドメタシンが直接皮ふから吸収されます。
●運動後の疲労時における腰,関節,筋肉などの局所の痛みを抑えます。
●肩や背中などの塗りにくい場所にも手を汚さず楽に塗れます。

インペタン1%液の効能効果

肩こりに伴う肩の痛み,腰痛,筋肉痛,打撲,捻挫,関節痛,腱鞘炎,(手・手首の痛み),肘の痛み(テニス肘など)

インペタン1%液の用法用量

1日4回を限度として適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)11歳以上の小児に使用させる場合には保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)11歳未満の小児には使用させないでください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)1週間当たり50mLを超えて使用しないでください。
(6)薬剤塗布後の患部をラップフィルムなどの通気性の悪いもので覆わないでください。
(7)定められた用法・用量をお守りください。

インペタン1%液の成分分量

100g中
インドメタシン 1,000mg
l-メントール 3,000mg
(添加物)
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,イソプロパノール,エデト酸ナトリウム水和物,オキシベンゾン,ミリスチン酸イソプロピル,ベンジルアルコール,ヒドロキシプロピルセルロース,グリセリン,チオ硫酸ナトリウム水和物,1,3-ブチレングリコール

インペタン1%液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
(3)みずむし・たむし等または化膿している患部。
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ、ヒリヒリ感、熱感、乾燥感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください

インペタン1%液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)メガネ、時計、アクセサリー等の金属類、化繊の衣類、プラスチック類、床や家具などの塗装面等に付着すると変質することがありますので、付着しないよう注意してください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)使用期限(外箱及び容器に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

インペタン1%液が気になる人向けのコラム

肩が痛い、だるい時に役立つ解消法!

やっぱりツボ押しが効く!
肩コリを感じたときどんなことをしますか?

パソコン前にずっと座るなどの長時間の同一姿勢を原因にして起こりやすいのが肩こりです。
肩こりの症状や原因など - goo ヘルスケア


肩周りの筋肉が収... 続きを読む

その肩の痛み病院に行かなくてはならないかも

なぜ肩こりが起こるのか

肩こりの原因のほとんどは、姿勢の悪さや運動不足、ストレスなどふだんの生活習慣です。
肩こりの悪循環を断ち切るために - gooヘルスケア

一般的な肩こりは、生活習慣からきています。長時間同じ姿勢でいる... 続きを読む

骨盤のゆがみを取れば美脚になれる? 3つのエクササイズ

夏の装いになると、姿勢の良し悪しが目につきやすくなります。背すじがスッと伸びた人は大勢の人の中にいても目立ちますが、それは姿勢の良さばかりではなく、その人が発するはつらつさや健康感も理由かもしれません。
というのは、良い姿勢を保っていら... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

肩や背中のこわばりを解消するツボとマッサージ方法-イラスト解説付き

一歩ずつ春に近づいているとはいえ、まだまだ寒さはこたえます。前回は寒い季節に起こりがちな足の冷えからくる腰痛対策を紹介しました。今回は、寒さや手の冷えからくる肩と背中のこりによく効くツボマッサージを紹介します。
寒いとどうしてもうつむ... 続きを読む