エースプラスターの効能・用量・副作用など

エースプラスターの特徴

緑の下呂膏として親しまれるエースプラスターは生薬配合の貼り薬で,肩・腰・関節等腫れた症状(急性症状)が見られる患部を直接治療いたします。また,和紙を採用していますので,患部を適度に固定し,痛みを和らげます。痒み止めの抗ヒスタミン剤の他,メントールや天然熊笹エキスを配合した清涼感のあるさわやかな製品です。

エースプラスター

エースプラスター

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤 
製造会社 奥田又右衛門膏本舗
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



エースプラスターの効能・効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛,骨折痛,筋肉疲労

エースプラスターの用法・用量

1日1〜2回,患部に貼る。
(用法関連注意)
●小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。

エースプラスターの成分・分量

100g中
オウバク末 3g
ヨウバイヒ末 0.6g
l-メントール 1.5g
dl-カンフル 1.5g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.5g
(1枚10.5×25cm2)
(添加物)
クマザサエキス,ロジン,ヒマシ油,サラシミツロウ,その他4成分

エースプラスターの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことのある人
2.使用後,次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

エースプラスターの保管上の注意

●小児の手の届かない所に保管して下さい。
●直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
●開封後は,袋の開封部を折り曲げて保管し,早めに使用して下さい。