エスエスぴったりハップ「温感」の効能・用量・副作用など

エスエスぴったりハップ「温感」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 エスエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

エスエスぴったりハップ「温感」の特徴

■エスエスぴったりハップ「温感」は…
○トウガラシエキスが局所の血行をうながし,患部に心地よい温熱感を与えるとともに,消炎鎮痛成分が皮膚から吸収され,こりや痛みをやわらげる,温感タイプのハップ剤です。
○粘着性にすぐれ,しかもタテ,ヨコ,ナナメの全方向伸縮自在の布を使用していますから,はがれやすい部位にもピッタリフィットします。
○ホットな貼り心地で,肌ざわりもよく,使用後もやさしくはがせます。

エスエスぴったりハップ「温感」の効能効果

腰痛,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,しもやけ,打撲,捻挫,骨折痛

エスエスぴったりハップ「温感」の用法用量

表面のプラスチックフィルムをはがし,患部に1日1?2回貼付します。
※患部の広さに応じて,フィルムの上から適当な大きさにハサミで切ってご使用ください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)汗をかいたり,患部がぬれている時は,よく拭きとってから使用してください。
(4)皮ふの弱い人は,使用前に腕の内側の皮ふの弱い箇所に,1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(5)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(6)入浴する際は,1時間前にはがしてください。また,入浴後は30分位してから使用してください。(入浴前後の使用により強い刺激を感じることがあります。)
(7)汗をかきそうな作業やスポーツを行う前には使用しないでください。(汗により刺激を感じることがあります。)
(8)打撲,ねんざにはハレがひいてから使用してください。(ハレがあるときには,冷感タイプのハップが適しています。)

エスエスぴったりハップ「温感」の成分分量

100g(1000cm2)中
トウガラシエキス 0.3g
サリチル酸グリコール 1g
dl-カンフル 1g
酢酸トコフェロール 0.3g
(添加物)
カルメロースナトリウム(CMC-Na),ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート,ゼラチン,D-ソルビトール,ヒマシ油,ポリアクリル酸ナトリウム,ポリアクリル酸,ポリビニルアルコール,カオリン,酸化チタン,グリセリン,プロピレングリコール,酒石酸,エデト酸ナトリウム

エスエスぴったりハップ「温感」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この箱(袋)を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,痛み
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

エスエスぴったりハップ「温感」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)品質保持のため,開封後は袋のチャックをしっかりしめ,外気にふれないようにして保管してください。
(5)使用期限をすぎたものは使用しないでください。

エスエスぴったりハップ「温感」に効果効能が似た薬

エスエスぴったりハップ「温感」が気になる人向けのコラム

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

“脱力”の心地よさ 「禅的体操」で体をほぐそう! イラストで解説

私たちの体は、日頃気づかないうちにストレスや疲労を溜めこんでカチカチに硬くなっています。その体をゆるめ、自律神経の疲れをとろうというのが、樺島勝徳禅師 が提唱する「禅的体操」です。
キーワードは“脱力”。臨済宗の源となった臨済義玄のこ... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

疲れやだるさを感じたら筋膜を伸ばしてみよう-筋膜ストレッチとは

スポーツや肉体労働などで全身を酷使すると、体全体の筋肉や筋肉を覆う筋膜も酷使され、疲れやだるさを感じたり、体の動きもにぶくなります。このようなときは、筋膜をじっくり伸ばすと、疲れやだるさの解消に効果があります。
筋膜とはコラーゲン、エ... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む