エマゼンクリームの効能・用量・副作用など

エマゼンクリームの基本情報

エマゼンクリーム

エマゼンクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

エマゼンクリームの特徴

◆腰・脇・すねは乾燥しやすく,下着・靴下等の締め付け刺激などでかゆみ・湿疹を起こしがちです。エマゼンクリームは,かゆみの原因となる炎症症状をしずめ,なめらかで健やかな肌へ導きます。べたつかずのびの良いクリームタイプです。

エマゼンクリームの効能効果

湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

エマゼンクリームの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

エマゼンクリームの成分分量

100g中
デキサメタゾン酢酸エステル 0.025g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
酢酸トコフェロール 2g
レチノールパルミチン酸エステル 200000 I.U.
dl-メントール 0.5g
(添加物)
セトステアリルアルコール,キサンタンガム,ミリスチン酸イソプロピル,流動パラフィン,ポリソルベート60,ステアリン酸ソルビタン,ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),クエン酸,プロピレングリコール

エマゼンクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には,広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
(6)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

エマゼンクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

エマゼンクリームが気になる人向けのコラム

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

【みんな、どうしてる?】古い下着の処分のしかた お悩み解決方法

使用済みの下着ってどう処分してますか? アパートに住んでいるので、朝一でゴミ置き場に出しておいたのですが、 家を出るときにふと見たらゴミ袋が無くなっていたのです。 今まではあまり気にしないでゴミ袋に入れて出していたのでが、 思い起こせば... 続きを読む

申年は赤い下着で迎えると縁起がいい 赤い下着で血流・体温UP!

日本では昔から、「申年に赤い下着を身につけると健康に過ごせる」という言い伝えがあるのをご存知ですか?
申年のサルにかけて、“病が去る”という意味があったり、赤は昔から“病気を防ぐ厄除けの色”という言い伝えもあるので、申年には赤い下着がい... 続きを読む

風邪を引きやすい人は体が冷えている? 風邪と冷えの関係|4つの改善法

体が冷えている人は風邪をひきやすい。これには、体にもともと備わっている免疫力が関係しています。冷えの改善法とともにご紹介します。 冷え性の人は免疫力が弱い傾向が 寒いところに長時間いた翌日、風邪をひいたという経験ありませんか。冷えは、... 続きを読む

女の子のママ必見!適切なブラで健やか&安全な生活を

運動の秋。体育会のシーズンでもありますが、元気に体を動かす子供たちの姿に、ちょっと戸惑うお父さんがいるそうです。原因は、女の子の胸の揺れ。適切な下着をつけることは、周り人の目、そして本人の体にとっても優しい選択と言えそうです。女の子とそ... 続きを読む