エマンテクールの効能・用量・副作用など

エマンテクールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 新生薬品
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

エマンテクールの特徴

○エマンテクールは基剤成分として,保湿作用のある濃グリセリンと水溶性高分子を配合し,「かゆみ」を増強させる肌の乾燥を防ぎます。
従って,春?秋にかけて多い,虫さされ,湿疹,あせも等に伴う「かゆみ」だけでなく,秋?春に多い,肌の乾燥に伴う「かゆみ」にも効果をあらわします。
○エマンテクールは,副腎皮質ホルモン剤(コルチコステロイド剤)を配合しておりません。
○エマンテクールはスポンジ塗布型の容器を採用していますから,手指を汚さずに広範囲に塗布し易く,しかも粘稠液剤ですから,液ダレが少なく,滑らかな使用感です。

エマンテクールの効能効果

かゆみ,湿疹,皮膚炎,かぶれ,虫さされ,じんましん,しもやけ,あせも,ただれ

エマンテクールの用法用量

1日数回,患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

エマンテクールの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1g
リドカイン 2g
クロタミトン 5g
l-メントール 1g
(添加物)
ラウロマクロゴール,グリセリン,プロピレングリコール,ヒドロキシエチルセルロース,エタノール,香料

エマンテクールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

エマンテクールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に,密栓して,立てて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)配置期限(外箱記載)を過ぎたものは使用しないでください。
(6)本剤はプラスチック類を軟化させたり,塗料を溶かしたりすることがあるので,付着しないようにしてください。

エマンテクールが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

ポン酢で野菜を美味しく摂取してやせる!

ポン酢
ダイエットに付き物の要素といえば、食事制限ですよね。

食事制限の内容としては野菜を摂る事を中心に脂肪分や炭水化物を控えるのがダイエットの食事制限の基本となっています。

しかし、ダイエット中に野菜を食べてばかりだとどう... 続きを読む

冷たいものの摂りすぎはデブのもと? 夏太りを予防する方法とは

8月ももうすぐ終わりですが、涼しくなるのはまだ大分先になりそうです。厳しい暑さが続いていますが、食欲が落ちて「夏やせ」してしまったという人は、そう多くないのではないでしょうか?
夏というと「夏バテ」から「夏やせ」を連想したり、汗をかく... 続きを読む

インフルエンザ流行の危機? もしも発熱したらどうすればいい?

新型インフルエンザは、当初心配された国内での大きな流行や感染者の重症化などが起こらず、一般の危機感は何となく薄らいでいるかもしれません。そんな日本の“ひと安心ムード”をよそに、世界では感染者数の増加は続いていて、WHO(世界保健機関)が流... 続きを読む