ギルメサゾンSの効能・用量・副作用など

ギルメサゾンSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 三宝製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ギルメサゾンSの特徴

湿疹や皮膚炎は,皮膚病のなかで最も一般的にみられるもので,体質的な原因によって起こるアトピー性皮膚炎,刺激性の物質に触れた時に起こる接触皮膚炎,じんましんなどが代表的なものです。これらはいずれも痒みを伴い,掻きこわしを起こしやすいので,炎症の抑制と共に痒みを止める事が大切です。
ギルメサゾンSは,ステロイド系の強力な抗炎症剤デキサメタゾンに,鎮痒剤クロタミトン,殺菌剤イソプロピルメチルフェノールを含む,皮膚に塗布しやすい軟膏で,湿疹やかぶれ,ただれなどを改善し,痒みを鎮めます。また,本剤はほとんど無色ですから,塗布しても目立ちません。

ギルメサゾンSの効能効果

湿疹,かぶれ,皮膚炎,じんましん,あせも,かゆみ,虫さされ

ギルメサゾンSの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法を守ってください
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療をうけてください。
(4)外用にのみ使用してください。

ギルメサゾンSの成分分量

100g中
デキサメタゾン 0.025g
クロタミトン 10g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
ゲル化炭化水素

ギルメサゾンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
2.顔面には,広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ギルメサゾンSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
また開封後は使用期限内であってもなるべく速やかに使用してください。

ギルメサゾンSが気になる人向けのコラム

デング熱、蚊アレルギー…かゆいだけではない「虫刺され」にご用心!

昨年流行したデング熱の報道を目にして、「蚊に刺されただけで!?」と驚いた人も多かったはず。今年は昨年のようなデング熱の流行は見られませんでしたが、蚊に刺されたことを要因とする「蚊アレルギー」が、今注目されています。 蚊に刺されは唾液腺... 続きを読む

まだ油断できない!GWまで役立つ花粉症対策は?

春らしい日が増え、スギ花粉のピークは過ぎたようですが、関東以北はまだまだ花粉飛散量が多い日が続きます。今年はスギ花粉飛散量が多いといわれており、東北地方では今まさに飛散量のピーク。スギ花粉が減っても今度はヒノキ花粉と、6月頃までは花粉症... 続きを読む

【医師が回答!】アトピーが突然再発…なぜですか?

2年ぶりにアトピーが再発しました。腕全体です。薬を使わなくても平気だったのに、なぜでしょうか?
生活環境は変わらず、前兆もありませんでした。 (質問者
ooitさん) 教えて!goo 悪化すると、日常生活にまで支障をきたすことがある... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む