クミアイコリトン「パンチ」の効能・用量・副作用など

クミアイコリトン「パンチ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 協同薬品工業
販売会社 全国農業協同組合連合会
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

クミアイコリトン「パンチ」の特徴

●肩こりや腰痛といった慢性の症状に効果的な温感タイプの貼り薬です。
●患部に快い刺激を与え,血行を促進して,消炎・鎮痛効果を発揮します。
●気孔付きで,ムレ・カブレを防ぎます。
●粘着性にすぐれ,患部にフィットします。

クミアイコリトン「パンチ」の効能効果

肩のこり・腰の痛み・神経痛・リウマチ・打身・ねんざ・筋肉痛・関節痛・頭痛・歯痛

クミアイコリトン「パンチ」の用法用量

用に臨み患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(3)1日1回又は2回貼りかえてください。
(4)貼る前に,皮膚の水分や汗をよくふき取ってください。
(5)貼りかえるときには,なるべく前に貼ったところから少しずらして貼ってください。

クミアイコリトン「パンチ」の成分分量

6160cm2(膏体100g)中
l-メントール 4g
ハッカ油 2g
dl-カンフル 1.5g
サリチル酸メチル 4g
酸化亜鉛 19g
ノニル酸ワニリルアミド 0.005g
ニコチン酸ベンジルエステル 0.04g
(添加物)
生ゴム,スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体,ポリブテン,エステルガム,脂肪族炭化水素樹脂,ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),だいだい色204号

クミアイコリトン「パンチ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

クミアイコリトン「パンチ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。

クミアイコリトン「パンチ」に効果効能が似た薬

クミアイコリトン「パンチ」が気になる人向けのコラム

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む

日本人は腰痛になりやすい? 90秒でできる腰のリフレッシュ

厚生労働省の調査によると、日本人が訴える体の不調のなかで最も多いのは、男性が腰痛、女性が肩こりで、男性・女性を合わせると腰痛がトップでした。特にデスクワークなどでいすに座る時間の長い人、または立ち仕事の人は腰痛を起こしやすく、腰痛までいか... 続きを読む

背中のツボとマッサージのやり方 一番疲れが出る腰をリフレッシュ

自分では触れない、触れても押せない場所が腰背部です。座りっぱなしや立ちっぱなし、あるいは緊張した1日を過ごしたあとで、背中や腰が痛くなったり、張って重だるくなったりすることがありますね。そんな1日の終わりに、腰背部のマッサージはリラックス... 続きを読む

デスクワークで硬くなった太ももをストレッチ-猫背と腰痛も改善

デスクワークなどで長くいすに腰かけていると、つい猫背になって腰が丸まってしまいがちです。その姿勢のままパソコン作業を続けたり、書類のチェックを続けたりすると、ますます腰が丸まり、腰の負担が大きくなります。それだけでなく、股関節の動きが悪く... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む