クミチールの効能・用量・副作用など

クミチールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 国産薬品工業
販売会社 岐阜県厚生農業協同組合連合会
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クミチールの効能効果

虫さされ,皮膚そう痒症,かゆみ止め,肩のこり,足腰の痛み,筋肉の痛みやはれ,打ち身,捻挫,運動後の疼痛

クミチールの用法用量

1日数回小豆大を患部にすりこんでください。
(用法関連注意)
(1)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けること。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)外用にのみ使用すること。

クミチールの成分分量

100g中
サリチル酸メチル 3.5g
l-メントール 2.5g
ハッカ油 1.5g
d-カンフル 6g
フェノール 1g
ジフェンヒドラミン 1g
グリチルリチン酸 0.1g
(添加物)
白色ワセリン,ステアリルアルコール,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,モノステアリン酸グリセリン,パラベン

クミチールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)乳幼児
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が顔面又は広範囲の人
(5)患部が化膿している人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

クミチールの保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)配置期限を過ぎた製品は使用しないこと。なお,配置期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用すること。

クミチールに効果効能が似た薬

クミチールが気になる人向けのコラム

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

足がつるのはなぜ? 足がつったときの対処法と原因|足のツボ

寝ているとき突然足がつって、痛くて目が覚めたことはありませんか?
なかでも痛いのが腓(こむら:ふくらはぎのこと)がつる「こむら返り」。これは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)が異常に緊張して収縮・けいれんするもので、まるで筋肉がひっくり返... 続きを読む

40代からは骨盤底トレーニングを 1日1回10分で尿もれを予防

前回は、骨盤底は妊娠・出産によってダメージを受けやすいため、妊娠中から十分に養生し、分娩時に骨盤底を傷めないようにすることが大切であること、出産後は骨盤底の回復を待ってトレーニングを始めたいことなどを述べました。今回は、加齢によって骨盤底... 続きを読む

ウォーキングのコツは正しいフォームから-脂肪を燃やす歩き方

ウオーキングが健康によいのはわかっているけど、1日1万歩はとてもという人が多いのではないでしょうか。一口にウオーキングといっても、移動のための歩行と運動のためのものがあります。今回ご紹介する運動目的のフィットネスウオーキング(R)「3歩d... 続きを読む

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む