クリームワームSの効能・用量・副作用など

クリームワームSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 池田薬品工業
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クリームワームSの特徴

◆クリームワームSは配合成分の相乗作用により,かゆみを止め,炎症をとりさります。
使用感のサッパリした家庭常備薬です。

クリームワームSの効能効果

虫さされ,かゆみ,じんましん,皮膚炎,あせも,かぶれ,ただれ,湿疹,しもやけ

クリームワームSの用法用量

1日数回適量を患部にすりこむか,または塗布する。
(用法関連注意)
(1)定められた用法を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用してください。

クリームワームSの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1g
ジブカイン塩酸塩 0.3g
グリチルレチン酸 0.5g
l-メントール 3g
dl-カンフル 2g
(添加物)
ステアリン酸,ベヘン酸,ステアリルアルコール,オレイルアルコール,スクワラン,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリオキシエチレンソルビットミツロウ,トリエタノールアミン,水酸化カリウム,コレステロール,パラベン

クリームワームSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

クリームワームSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。
(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)外箱に表示してある配置期限内に使用してください。

クリームワームSが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

家庭医が綴る福島からのメッセージ 2-避難所での医療の混乱

今回の大震災では、地震、津波の被害が沿岸部を中心に広範囲に及んだことや原発事故の発生により、さまざまな背景をもった多くの方々が避難を余儀なくされました。特に原子力災害という特殊な事情により、地震そのものでは無傷であったのにもかかわらず、原... 続きを読む

完璧主義は疲れる-働き者の女性が陥るスーパーウーマン症候群

仕事をもっている女性は多忙です。とりわけ家庭を持って、家事などを担当している人は、帰宅してからも、ホッとひと息というわけにはいきません。
あわただしく家に帰ると、食事の仕度が待っている。そして休日も掃除や洗濯などに追われ、のんびりくつ... 続きを読む

特に寒い日は足湯で温まろう-足湯・手湯の健康効果とケア方法

足だけ温泉気分につかる“足湯”は、今やどこの温泉地に行っても見られる光景です。さらに手軽な、手だけ温める“手湯”も登場しています。また、手と足を同時に温めることができるところもあります。一年のうちで寒さが最も厳しいこの時期、あちこちの足湯... 続きを読む