サロメチール・ソフトの効能・用量・副作用など

サロメチール・ソフトの特徴

●微香性で浸透性のよい軟膏剤の外用鎮痛消炎薬です。
●患部にすり込むと皮膚を通して吸収され,血液の循環をよくし,炎症や痛みをやわらげます。
●スポーツや仕事等の筋肉痛,筋肉疲労,肩こり,腰痛,関節痛によく効きます。また,打撲,捻挫の炎症を鎮め,痛みをやわらげ,しもやけには血液の循環をよくして,症状を改善します。

サロメチール・ソフト

サロメチール・ソフト

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤 
製造会社 佐藤製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



サロメチール・ソフトの効能・効果

筋肉痛,筋肉疲労,肩こり,腰痛,関節痛,打撲,捻挫,しもやけ

サロメチール・ソフトの用法・用量

1日数回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤のついた手で,目などの粘膜にふれないでください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)時計,めがね等の金属類,化学繊維の衣類,プラスチック類,塗装のしてある床・家具等に付着すると変質することがありますので,付着しないように注意してください。
(7)衣類に付着した場合は,なるべく早く水又は洗剤で洗ってください。
(8)皮膚の弱い人は,同じ所に続けて塗擦しないでください。
(9)入浴前後の使用はさけてください。
(10)塗った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(11)入浴等で肌をこすったり,夏場など汗をかいた時は,本剤による刺激を強く感じる場合があります。
激しい痛み・刺激感やかゆみを感じた場合には,使用を中止し,石けんをよく泡立て,こすらないでやさしくなでるように患部を数回水で洗った後,冷水や軽くしぼったぬれタオルなどで十分に冷やしてください。
症状の改善がみられない場合は,この文書を持って医師にご相談ください。

サロメチール・ソフトの成分・分量

1g中
サリチル酸グリコール 50mg
l-メントール 30mg
トコフェロール酢酸エステル 10mg
グリチルレチン酸 2mg
ノニル酸ワニリルアミド 0.25mg
(添加物)
ステアリルアルコール,セタノール,マクロゴール,ミリスチン酸イソプロピル,ジメチルポリシロキサン,ステアリン酸ポリオキシル,自己乳化型モノステアリン酸グリセリン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,パラベン,香料(フェニルエチルアルコール,ベンジルアルコール,アルコールを含む)

サロメチール・ソフトの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は,副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

サロメチール・ソフトの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限(外箱及びチューブに記載)をすぎた製品は,使用しないでください。